2000.3.8
 三陸の文化


私は昨年の8月まで、「リアス式海岸」でお馴染みの三陸地域に住んでいました。
この三陸という地域は、それだけでチャンネルを一つ設けなければならないと思うほど魅力的な地域なのですが、 その中で常に気になっていたことの一つにコンビニの袋の使用法がありますので、唐突にご紹介しましょう。

ポイントは、コンビニの袋の持ち手と持ち手の間にある、ビロンと長い部分です。
そもそも私はこのビロンとした部分が何のためにある部分か疑問に思っていたのですが−

98年4月に三陸へと移り住み、はじめてコンビニで買い物をしたとき、店員さんがそのビロンとした部分同士をセロテープでピタッと貼ってくれました。
私はレジで思わず「あっ!」と叫んでしまうところでした。
そう、三陸のお店ではいつもこうして"ビロン部"をテープで止めてくれるのです。

そこそこ色々な街に住んでいる私ですが、他の地域では無かった様式です。
これは一つの文化なのでしょうか?それともこれが、本来ビロン部に求められていた使用法なのでしょうか??




2000.3.11
 駐在だより・不動前


昨晩、近くの交番=等々力不動前駐在所から、「駐在だより」という魅力的な手作り新聞が届きました。

自宅近くの"等々力渓谷"という景勝地の中に"等々力不動"という名前のお不動さんがあり、そこに隣接した交番なので「等々力不動前駐在所」。
主な記事を見てみますと、屋内強盗事件の多発、家庭からの非行防止、春の交通安全週間など、情報満載です。


紙はA4の中質紙といった感じで、紙面には色々なところからコピーしてきたのであろう楽しい絵などが貼り付けられています。
但し、あまりこうした作業自体は得意ではないとみえ、切り取った跡などがそのままコピーに残っていたりして、これがまた味わいを深めているのです。

主なイラストは、家に入ろうとする泥棒の絵(当然、目の周りは黒く、しかもアイマスクのように両目つながっているタイプ)、パトカーの絵、子犬の絵、桜の絵など。
更にそうしたものの中に混じって、謎の宇宙人のような絵や戦中の雑誌から飛び出してきたような警官の絵などもあって、隅々まで見逃せません。


しかし何より出色なのは、左に掲載のタイトル【不動前】!

丁寧に描かれた炎は、それほど上手ではないだけに、一層不気味さが引き立っています。
そしてその炎をバックに浮き上がる「不動前」の3文字!

私の帰宅はいつも深夜ですが、暗いところでこのタイトルを見た瞬間は真剣に恐怖感を覚えました。
勿論、犯罪の抑止力も絶大なものと想像されます。


2000.3.16
 等々力駅前の屋台


私が普段通勤に利用している駅は、東急大井町線の等々力駅。
この駅の近くで深夜、お兄ちゃんが屋台のラーメンをやっています。

スープはしょうゆ味。
東京には珍しく麺が太めで、札幌ラーメンにどことなく似ていて好きだったのですが、昨年の冬にはおでんなどもメニューに加わり、一層魅力が増しています。
ラーメンが500円と手頃なので、当然ビールも追加します。ビールといっても缶ビールと紙コップなのですが、キムチが付いており、あのゴージャス感は言葉では表現できません。

お兄ちゃん(26歳)は一見ヤンキー風ではあるのですが、真面目で物腰も柔らかく、また一生懸命やっているその姿が現役ヤンキーの皆さんの心をも 打つのか、夏などは、彼を慕って屋台周辺に皆さんがたむろしていたほどです。
そうした様子なども含め、この屋台は等々力周辺の私のお気に入りのひとつだったのですが−

最近、すっかりこの屋台を見かけません。
不況の折、撤収せざるを得なくなったのでしょうか、それとも何かの理由で締め出されてしまったのでしょうか。
しかし、地域の商店街の方々からは麺の仕入れ先を紹介してもらったりと、色々応援してもらっているようでしたので、締め出されたとも考えにくいのです。

もう姿を見なくなってから10日ほど。
どこかもっと稼ぎの良い場所を見つけ、そこでまた頑張っているのなら何も心配はないのですが。