2000.4.5
 私のくるま


2年間、私をいろいろな所へと誘ってくれた愛車=黒のプレリュードが、車検切れを機にひとの手へと渡って行きました。

私がこれまで所有したくるまは、学生時代に所有のトラック「虎吉」、室蘭時代の名車「2号車」などがあり、 これらはいずれも機会をみて皆さんに御紹介しなくてはならないほど魅力的なものばかりですが、その中に あってこの黒のプレリュードは唯一"正常な自動車"として生涯をまっとうした1台でした。

2年前、札幌の中古車センターで「サンキュー価格ですから!」というキャッチフレーズを100回くらい聞かされ、39万円で購入した車。
東北6県をくまなく走るなど本当にその体をすり減らして頑張ってくれたので、今や殆ど残存価値はないのかと思っていましたら、3万円の値段がつきました!

家の近所のくるま屋に引き取ってもらったのですが、大事にしていたものに価値を見いだして もらうというのは、その値段の高・低にかかわらず嬉しいものです。
車との別れによる一抹の寂しさはどうしようもないとしても、とても嬉しい気持ちになりました。


そして昨晩!
仕事が終わってその中古車屋さんの前を通ったら、ピカピカに洗われてこの黒のプレリュードがショーウィンドウの中に入っているではありませんか!
しかも「売約済」という札を下げて!

私はなんだか無性に嬉しくなって、近くのコンビニで使い捨てカメラを買い、店の前まで戻って中に置かれている自分の車の写真を撮りました。

誰が買って下さったのかは勿論わかりませんが、またその方といろいろな所を走るのでしょう。
元気で頑張れ、黒のプレリュード!




2000.4.17
 飛行機のヘッドホン


全く飛行機というのは便利な乗り物ですが、何故あんな大きなものが飛ぶのか、感覚的には未だに理解できません。
中学生の頃、私の弟が「あれが飛ぶなら俺が飛んでもおかしくない」という奇妙な事を口にしていましたが、 聞いていた私も"実に上手いことを言うものだ・・・"と秘かに感心していたものです。

そしてその飛行機の中でいつも気になる存在。
それが、白い半透明のシャカシャカの袋に入れられ、乗客よりも一足先に座席で待っているヘッドホンです。


まず気になるのは、そもそも聴診器のようなあの形状。
通常「ヘッドホン」と言うと、耳元に小型のスピーカーがあって直接そこから音が出るものですが、 あの"聴診器型ヘッドホン"は「ヘッドホン」とは名ばかりの、スピーカーなど一切組み込まれていない、単なるチューブなのです。

「なに、スピーカーがない?ではどこから音が出てるのさ!」というと、それは座席の手元の差込口となっているあの「穴」から直接出ているのです。

私は一度、あの穴を目がけてヘッドホンの先をゆっくり近付けてみる、という実験をしたことがあるのですが、まだ差し込む前の、距離10cm位になった辺りから音を拾い始めて何やらシャカシャカと聞こえ始めるので、結構驚きます。
更に近づけるに従ってシャカシャカ音も一層大きくなり、スポッとはまった時!普通のサウンドとしてお聞き頂ける、という仕組み。

そう、スピーカーはあの穴の中にあり、件のヘッドホンはと言えば、穴の中にあるから出ている小さな音を拾って私達の耳に届けるホースとして機能している、極めてローテクな器具なのです。

最近飛行機の座席に座っていても、この構造が気になって仕方ありません。
思わずドライバーなどで肘掛けをこじ開けて中を調べてみたいのですが、それでなくとも厳戒態勢にある空の旅。乗客が機体を分解し始めた時の騒ぎは、想像しただけで具合が悪くなりますね。




2000.4.19
 洗顔フォーム「ダブ」のCM


こんなものを流していて本当に大丈夫なんだろうか、と他人事ながら心配になるCMがたまにあります。
最近の私は、P&Gの石鹸「DOVE(ダブ)」のCMにくぎ付け。

小太りと言うのさえ無理のある御婦人が画面にいきなり登場し、語尾伸ばし&語尾上げのダブルパンチで
「ダブなら〜、ハニワが〜、有田焼になれたって感じ!」
と言い切ってしまうというあのCM。
最初見たときは私も度肝を抜かれ、テレビジョンの前で一瞬固まりました。

依然、埴輪に近いのではないかと見える方が、あろうことか「有田焼」に変身したと言い切るのです。
これはダブだけの問題にとどまらず、少なからず有田焼の売り上げにも影響を及ぼしたことでしょう。

しかし役割を終えたのか、それとも大変不評だったのか、このCMは案外あっさりと放映が終わってしまったのですが・・・。


私は昨日見てしまいました。新しいダブのCMを。
これが思わず「天はダブの上にダブをつくらず〜」という言葉が浮かんできたほどの代物で、逆に感心してしまいました。

冒頭から不審に足を露わにした御婦人が登場し、ひとしきりダブの効果を語り始めます。
もう既にその時点で不思議とムカムカしてきます。

最後はその足を、「触ってみる?」だか、「触ってみたい?」だか忘れましたが、とにかく当方が思ってもいなかったことを言って終わるというものなのです。
最初「あっ!ダブだ!」と見入っていた私も、最後は思わず引いてしまいました。

さすがダブ。
もう少し研究が必要ですが、皆さんも注目しましょう。




2000.4.21
 ダヴのCM<続編>


全く恐ろしいこともあるモノで、上記の通りダヴのことをあれこれと書いていたら今日、自宅に試供品が届きました!

←全体図

単なる偶然だと心から信じたいのですが、試供品の説明書には
 【DOVEは石鹸ではありません。お肌を乾燥させないのです。】
と、まるで私の認識の誤りを正すかのような内容も記載されています。
(ちなみに今もその説明書を見ながら、「ダブ」じゃなくて「ダヴ」と慎重に入力している私。)

ともかくせっかくなので、ちょっと使用してみましょう。
今度お会いした時は私も有田焼なので、皆さんもきっと驚かれることでしょう。




2000.4.24
 レコード・プレイヤー購入!


新しいレコードプレイヤーを購入してしまいました!
ヨドバシカメラで6千900円!

私はレコード同様、レコードプレイヤーという機器に対し必要以上に畏敬の念を抱いていたため、こんな低価格で売られていることに正直大変驚きました。
勿論もっと高価な機種はいくらでもあるのですが、1番安価なaiwaのやつを購入し、帰宅したのです。


さて、興奮気味で自宅に戻り、まず机の横の本棚の上に慎重にセット。
そしてこういう時は、まず最初に何を聴くかで大変に悩むものなのです。

次々聞いて行けば良いのですから何だって同じというものなのですが、何しろこっちも興奮して頭が少々変になっているものですから、そんな冷静な 助言など聞き入れられるはずもありません。
例の廃盤シングルの一群からとも考えましたが、悩んだ末、ダウンタウンブギウギバンドの2枚目「続 脱・どん底」を聴くことに決めました。
そしてこの判断は、今年上半期の「ベスト判断」と言い切れるほど素晴らしいものであったことが、すぐに明らかになるのです。

「続 脱・どん底」の1曲目はビッグ・バンド・ジャズ・アレンジの「棄てましょブギ」!
2曲目はElmoreJamesのDustMyBloom調のシャッフル・ブルース!
ロックもブルースもジャズも知らなかった小学生の頃ですから、こんな大人の曲を聴いていて(それ以前に この無用に挑発的なジャケットを見ていて)良いのだろうかと罪悪感に近い感覚を覚えながら、本当に興奮して聴いたものです。

そうした記憶が昨日、一気に蘇ってきました。
カッコ良かったなー。
よく覚えていませんが、昨日は音が鳴った瞬間、何か奇声を発したように思います。

あー、うれしい。このプレイヤーは今後私の生活の中で大活躍することでしょう。




2000.4.30
 長谷川町子美術館


私は現在世田谷区に住んでいますが、その世田谷の桜新町という場所に長谷川町子美術館という建物があります。
私はサザエさん好きなので以前より気になっていたのですが、本日行ってまいりました。

テレビで放送しているサザエさんは、あまりにもほのぼのし過ぎていて、人によってはそれが少々鼻につく、というのもあるかも知れませんが、 原作の4コマ漫画の方は様子も随分異なります。

サザエさんが始まったのは昭和21年ですから戦後すぐのことであり、当時発売された初期の単行本は既に手に入らないのですが、 いちど94年に朝日新聞社から再発刊されたことがあって、私は喜んで1巻と2巻を購入しました。


手元に「戦後日本の大衆文化史」というタイトルの岩波書店の書籍があり(この本自体は期待に反して 大して面白くないのですが)その中では、このサザエさんの初年度連載分の内容分析なども行なわれています。
それによりますと、海外からの復員、ヤミ市、食料買出し、配給など、要するに「社会的話題」が全体の41%に上るとのこと。
まあ漫画の分析なんて余り趣味の良いものではありませんが、しかし確かにサザエさんを読むことで、当時の生活や文化といったものに触れることができ、 実に興味深いことは確かです。

長谷川町子さんとそのお姉さんは美術が大変好きだったようで、この小さな美術館もその絵画を展示するために 建てられており、長谷川町子さんの作品に関するコーナーはそのほんの一角にあるだけなのですが、十分に 楽しめます。

中でも興味深かったのがその生い立ちで、彼女とその家族の強烈に前向きな生き方は、混乱期だからこそと言ってしまえばそれまでですが、結構ガツンと来ました。
サザエさんが単行本するまでの経緯などもなかなか波瀾に富んでいます。
この辺のことは、きっとこの美術館でなくても色々と書かれたものがあることと思いますが。


しかし「生活や文化」という点ではまさしく時代も変わったという事なのでしょうが、 実際私は「お魚くわえたドラ猫」というのを殆ど間近で見たことがありませんし、ましてそれを追いかけて 「裸足で駆けてく」御婦人には1度も遭遇したことがありません。