2000.5.6
 タイム・カプセル


どういう訳か、私が中学生の頃に大流行した「タイムカプセル」。
思い出として残したい品々をカプセルに詰め込み、それを地中に埋めて何十年後かに掘り出すという企画で、 何故あの時期だけに多かったのか理由が良くわからないのですが、とにかくそういうのが全国で流行って いたのです。20年ちょっとくらい前の話。

実は私が少年時代を送った恵庭市立恵明中学校でも、中2の時に、開校5周年の記念行事として そのタイムカプセルを校庭に埋めました。
そしてそのカプセルを開ける日が、2000年の5月5日、つまり昨日だったのです!
ちょうど帰省中でしたので、せっかくの機会、久しぶりに中学校に登校したのです。

*

ところで先日、とある学校で同様にタイムカプセルを開ける行事が卒業生一同の参集のもと盛大に行われたものの、 掘ってみたらカプセルが何処にもなかったという、実に痛々しい事件が新聞で報道されていました。
最後は重機まで登場し、掘りに掘ったようですが、結局どこにもなかったとのこと。
その場のシラけようを想像すると、人ごとながら背筋が寒くなりますね。

この事件(または事故)は、同様の行事を抱える列島の学校をさぞかし震撼させたことだろうと私は思います。
実際私の母校のカプセルも、その存在自体を確かめるかのように事前に重機で掘り出されており、 式典はそのカプセルをお披露目する、という内容に、さりげなく軌道修正されておりました。


で、その掘り出された当校のカプセルですが、どうやら長年に渡って地下水に水没していたようで、殆どが水浸しに なっていました。
また当時自分がそのカプセルに入れた品もつまらないにも程があるようなものばかりで、当時のバカさ加減にあきれます。
しかし云うまでもないことですが、そんなカプセルの中身よりも、20年ぶりに当時の友人に会えたのが、 何にも代え難いほど懐かしく楽しい事でした。

当時の中学2年生が成長して35歳になった時、一体何が話題の中心になるかというと、これがズバリ「当時の 恋愛関係」で、一瞬めまいのようなものを感じますが、しかしこの「恋愛ネタ」というのがまたいつの時代においても展開力抜群で、 それをきっかけにいろんな話題に発展するのであなどれません。

楽しかった。こうした機会を私達に与えるために、このカプセルは20年以上も水没しながら、 消えてなくなりもせず、耐えていたのでしょう。
ありがとう!オレンジ色のタイムカプセル。




2000.5.7
 続・タイム・カプセル


さて上記の通り、そのタイムカプセルに自分達が入れたものは殆どが水没していましたが、その中から、誰が 入れたのか、当時の少年サンデーが、比較的良好な状態で出土しました。

元来こうした物に弱い私なので、古本屋等でも時々購入したりするのですが、偶然こんなものが出てきたので、 お願いして貰って帰って来ました。
入手したのは1978年5月21日号で、「がんばれ元気」はデビュー戦に向けてトレーニング中、「まことちゃん」は 一家で自動車学校に通っており、「プロゴルファー猿」は賞金40万円を手にしています。

ところでこの頃の少年誌を見て気が付くのは、何と言ってもその絵のタッチで、完全に「劇画調」が主流になっていること。 私が以前購入した1974年の少年ジャンプと比較するとその違いが良くわかるのですが、全体のトーンが 全く違うのです。

1974年の少年ジャンプの方も、大変豪勢なラインナップで人気漫画満載なのですが、劇画調の 「アストロ球団」と「侍ジャイアンツ」が胸焼けするほどクドく目立ってはいるものの(右)、 従来タッチの「プレイボール」や「ど根性ガエル」、「トイレット博士」なども、依然として存在感十分です。

ところが4年後の少年サンデーは、一作品を除いてすっかり劇画調。
そしてその一作品というのも「ダメおやじ」なのですから、"従来タッチ作品"の凋落ぶりがうかがえます。


ところでこの「ダメおやじ」、なぜこんなダメなおやじの漫画が存在しているのか分からないという昨品で、 改めて見ても明らかに周囲から浮いているのですが、このダメおやじが今、私のツボに命中して困っています。

左は当週のダメおやじの第1コマ目なのですが、早速、キてます。
夫婦なのに、開口一番「ダメおやじ!!」、続いて「いいバイトが見つかったぞ!!」です。

念のため確認ですが、これは自分のアルバイトが見つかったのではなく、夫であるダメおやじのバイトが見つかった と言っているのです。
ちなみにこの御婦人の名前は「オニババ」です。
ダメおやじは、「どんな仕事?」と聞いていますが、既に汗を流していますよ。


この「ダメおやじ」が劇画調だったらさぞかし凄惨な漫画に仕上がっていただろうと思いますが、 それにしても、この2人はなぜ夫婦でいるか、そして今週はこれからどうなるのか、それを考えるだけで もうドキドキして来ますね。

このように、この頃の少年誌は見所満載です。また機会を見て取り上げることと致しましょう。




2000.5.18
 新しいギターのはなし


春というのは大いに浮かれる季節ですが、私は毎年この時期になると、無性にギターが欲しくなります。

御存知の通りギターには大きく分けて、「エレキギター」という電力によって音が出る仕組みのものと、 「アコースティックギター」という電気を使わないものの2種類があり、これらは更に機能ごとに分かれ、自分のやりたい音楽によって適宜 買い揃えることになります。

「そんなもん、どれも一緒だろ」と思われる向きもあろうかと思いますが、やはり用途別に作られているものなので、これが違うのです。

例えば私が一番最初に手にしたギターは小5の時に拾ったものですが(3ch参照)、 これはガットギターというクラシック専用のギターでしたので、当時好きだったダウンタウンブギ ウギバンドの曲などを弾いても、盛り上がらない事この上ありません。
ロックを弾いて不良っぽくキメたいのですが、「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」などをとても優しい音で奏でていたわけです。


最近自分が使用している主なものでは、まず電力を使用するタイプとして、通称"クルミちゃん"。
このギターは私の2歳下の1966年生まれで、お付き合いするには申し分のない年齢差です。
ボディがクルミの木で出来ているため濃い茶のカラーに特徴があり、清楚というより渋谷のガングロに近い感じです。

また電気を使わないタイプでは、「ピックギター」という種類がお気に入りです。
これは普通のギターのように丸い穴が真ん中に開いているタイプではなく、バイオリンのように「f」型の穴が2つ開い ているもので、大きな音は出ないのですが、ブルースやラグタイムなんかをやるにはピッタリの渋い音がします。
高校時代から何年も探していたギターで、大学4年の時、ついに札幌の楽器店で発見したのですが、 当時の私はお総菜を万引きしたくなる程の貧乏生活で、このギターを60回払いという驚異の細分割によって購入しました。
ジャパネットタカタと違って金利も相当なものでしたが、それしか払える手段が無かったのです。


さて、では話を戻して現在何が欲しいのかというと、これが定番中の定番なのですが、ギターの王様と言われる「マーチン」という会社の「D−28」というギター。
もう何年もの間、ちゃんとしたやつを手に入れたいと思っているのですが、昨年末くらいからどうにも我慢ができなくなりました。
せっかく東京に住んでいるので、探し求めて楽器屋さんにも良く行くのですが、これがまた価値に相応しい堂々たるお値段なので、なかなか決心がつきません。


ところが昨晩、耳より情報が!
情報源は友人の松本和茂さん。そう、2チャンネルのブルーグラスコーナーでCDレビューを連載していたあの松本先生です。
さりげなくコンテンツから消えていたことにお気付きの方も多いと思いますが、わずか3回で休載に追い込まれたことは余り知られていません。

さてこの松本さん、音に対する感覚は大変鋭敏で、私のライブではいつもPA(音の調整)を担当していただき、 日本人には「音の狩人」、外国の方からは「サウンドハンター」と呼ばれています。
また林学科出身でギターの材質に関する知識も豊富なので、昨晩も電話で良いギターについて色々と話をしていたのですが、 なんと!彼が現在所有している2本のギターのうち、現在余り弾いていない方の「マーチン」をお手頃価格で譲っても良いというではありませんか!


私は思いがけない話に狂喜しました!興奮しました!
彼の持っているこの「マーチン」は私と同い年の1964年生まれで、それはもうメチャクチャに良いギターなのです!
試しにまずは現物を送ってくれるとのこと。待ち遠しい!

それ以来、寝ていてもそのギターのことが頭に浮かび(全然寝られなかった)、通勤中もギターの本を読み、仕事中も油断するとあっという間に脳が侵食されてしまいます。
あー、早く来ないかなー、松本さんのギター。

という訳で興奮気味のこの話題。続きはまたお知らせします!




2000.5.22
 到着したギター


早朝出勤の支度をしていたら、玄関のブザーが鳴りました。
回覧板か何かだろうと思いましたが、「もしや?」という気がして出て行くと「宅急便です」という声!
「はい!はい!」とドアをあけますと、配達員の方は、何かひょうたんのような形をした大きい荷物を抱えています!間違いありません。松本さんのギターが届いたのです!
普段こんな時間に荷物など届くことなど無いのに不思議なものです。

しかし興奮に浸っている時間はありません。
とにかく大急ぎでハンコを押して荷物を受け取り、紐を切り、梱包を解きましたら、出てきました出てきました、1964年生まれの「D-28」が。

しかしここでタイムアップ!出勤の時間です。
「風邪を引きました」と職場に電話しようとする自分を必死で抑え、家を出た私の姿の美しかったこと!働き者!

今は今朝見たギターの残像がチラチラする中、仕事に集中している私です。




2000.5.24
 酒とフォークと芝居と演研


かつて大学の「青テント」で一緒に芝居をやり、現在、東京近辺に住んでいる連中で、先日酒を飲みました。

私も幸い現在まで芝居に関わり続けることができているため、同世代だけでなく最近の公演で一緒になった人間もいて、結構幅広い年代で飲みました。

飲み会における当時と現在の最大の違いは、もう何と言っても「ビールが飲めるようになったこと」、これに尽きましょう。
その頃は何しろ所持金がないため「スタートから焼酎」というのは常識で、 その焼酎も【サッポロソフト】というハードな粗悪品でしたが、さすがに東京でサッポロソフトは間違っても出て来ないのである意味安心です。

このサッポロソフト(愛称SS)というお酒は大学の8年間で一体何リットル摂取したのか想像もつかない程で、考えるだけで気持ち悪くなってきますが、 このSSについてはまた別の機会に。


さて飲んでいるうちに12時も簡単にまわり、適当な場所も見当たらないので3次会はカラオケボックスに入って飲むことにしました。
しかしこのメンバーの場合、カラオケボックスに入っても「歌を入力する」という行動様式が全く身についていないため、 インタフォンで電話をしてはダラダラと酒を注文し続けるだけ。
渋谷のど真ん中で、フロア全体が物凄いテンションで盛り上がっている中、この部屋だけがまさしくブラックホールのような存在になっています。

しかし2時を回ったあたりで、1人が歌うと言い出しました!
「お〜!」
「何歌う?何歌う?」・・・
「え〜っと、吉田拓郎の『落陽』」

私は思わず唸りました。
きっと彼の「歌の世界」の時計の針は、70年代止まっているのでしょう。

「みやげにもらった〜サイコロ2つ、手の中で振れば〜また振り出しに〜」
しかし更に驚いたことに、気が付くと私達はこれを全員で合唱していました。

うーん、フォーク・・・。やはり恐ろしいジャンルです。
あっという間に皆の心をひとつにしてしまい、一歩間違うと私達は手を取り合って歌っていたかもしれません。

みなさんも次に気の合う数人でカラオケに行ったら迷わずフォークを入力してみましょう。
ただしここは「気の合う人と行く」ことが大変肝要で、初対面の人の前でフォークを熱唱してしまうのは 心がひとつになるどころか、修復し難いほど離れて行くように思いますので注意しましょう。




2000.5.28
 Sonny Rollins Japan Tour


今日は5月28日、ソニー・ロリンズさんの東京公演の日。 既に何ヶ月も前から雑誌や新聞でも取り上げられていましたので、御存知の方も多いかと思います。

御承知のとおり、ソニー・ロリンズさんとは、テナー・サックス奏者でモダン・ジャズ界の巨匠。
ここで注意が必要なのは、ジャズやブルースの世界にある「モダン・ジャズ」とか「モダン・ブルース」の「モダン」という言葉で、 「なるほど『モダン』というくらいだから、90年代に現れた新星か何かか?」などと思っているとこれは大変な誤り。
この世界で「モダン」という時代は、40年代や50年代のことを指すのです。

この「モダンジャズ」なる言葉をうっかり「最近のジャズ」などと直訳してCDなどを購入してしまうと大変です。
家のスピーカーから飛び出したあまりに渋い世界に仰天し、思わずジャケットを確認すると 【1950年・モノラル】と いった記載を発見してしまうということになりますので注意しましょう。

そしてロリンズさんももう70歳。現存する数少ない当時のミュージシャンの1人と言って良いでしょう。
私も『名曲倶楽部』なるバンドで、僭越ながらロリンズさんの曲を弾かせて頂いておりますし、 この機会を逃してはなりません。行って来ました、中野サンプラザ21列47番!


良かったー。私は感動してしまいました。どうして彼のサックスの音はあんなに明るいのでしょう。
明るいというか、上手く言えませんが、とにかく前向きなのです、ポジティブなのです。

ライブは得意のラテン風の曲から始ったのですが、もう最初から私はのめり込んでしまいました。
センターから気持ち下手寄りにスッと立ち、時におどけながら、時にはテナーを頭の上までグッと持ち上げながら、 吹くロリンズさん。
楽しい、楽しい!いいぞ、いいぞ、ロリンズさん!

2時間の間、スローな曲、ワルツ、そして「セント・トーマス」なども演ってくれましたが、一貫して彼の サックスの音は明るくポジティブです。

最後の曲、曲の途中でマイクに近付き、しゃがれた声で「また会いましょう」と日本語で言いました。 その直後から始まった最後のソロの凄かったこと!
私は心拍数が早くなり、どんどん高まっていくのですが、こんなところで満足してもらっては困るとでも言っているかのように、ロリンズさんのソロは火を噴き続けます。
ヤバい!これではこっちが持ちません。

聴いているこちらも何とかしてこの気持ちを表現したくなり、時折感極まって奇声をあげ、何とか感情を コントロールしようとするのですが、そのうち何故だか涙もやたらと出てきて、 私は最後の曲の途中で右目のコンタクトレンズを流してしまいました。
その瞬間から新たに始まった『左目1.5、右目0.1』という倒錯した世界が、より一層私の感情をグチャ グチャにかき乱します。

曲が終わって、割れるような歓声の中、こちらに手を上げ、バックステージに戻るロリンズさんは やはり70歳の歩き方でした。そう、彼は間違いなく70歳なのです。
それなのにあんなに楽しい音楽が出来るとは!
私はこの先少なくとも10年分くらいのガソリンをもらったような気持ちになりました。

ありがとう、ソニー・ロリンズさん!