2000.6.14
 源氏パイ


どこも同じだと思いますが、職場では毎月2000円くらいのお金を「お茶代」としてみんなから徴収し、 それで残業時にちょっと口にしたりするものを購入します。
このお菓子類の選択は職場のアルバイトさんに一任されているのですが、密かに、次はどんなものが入荷するのかと楽しみにしています。

すると今日、アルバイトの女性が「源氏パイ」を買ってきました!私は「源氏パイ」が好きなのです!

このロングヒット商品は包装等に若干の変更を加えながらも、変わらぬクォリティで私を喜ばせます。
好きなお菓子を限度を超えて食べたために具合が悪くなって嫌いになる、というエラーを子供はよく犯しがちですが、 この源氏パイの場合、結構食べ過ぎても今までのところそうした症状は出ていません。

強いて気になることと言えば、このネーミング。
このシダ類の前葉体のような形をしたパイをなぜ「源氏パイ」 と呼ぶのか不思議です。




2000.6.15
 ブルース・ハープを吹く少年


昨日は深夜に仕事が終わり、帰宅途中に環八通り沿いを歩いていましたら、どこからかブルース・ハープ(ハーモニカ)の音が聞こえます。
はじめはカーステレオか何かかと思っていたのですが、良く聞くと信号待ちで止まっている車の開いた窓から、生のハープの音。
どうやらドライバーの少年が、車の中でハープを練習しているようです。

ブルース・ハープは見かけに寄らず音が結構でかく、特にフェイク等は小さな音では出来ないので、 私もハープの練習はいつも車の中でした。
そう「ハープは車の中で上手くなる!」
彼にそう伝えなくてはと、思わず駆け出して轢かれてしまうところでした。


特に三陸に住んでいた頃は、「ちょっと買い物」というとそれは国道106号を2時間かけて盛岡に行くことを指すのですが、 この折り返し4時間をどのように使うかは非常に重要です。
最初は崇高な向学心に取り憑かれて英会話のテープなどをかけましたが、これは「竜頭蛇尾」ですらなく、もし「竜頭蛇腹」という言葉があるならまさしくそれ。
とにかく飽きてしまって往路の2時間さえ全く持ちません。

そんな中で、1年半、コンスタントに車中で活躍したのがブルース・ハープでした。
腹式呼吸で音を出すため、運転中は余計な力が入って危険ですが、停車中や休憩中に吹くのはお薦めです。

最近の音楽シーンは「ネオ・アコ・ブーム」とやらで、ハープも相当流行っているようですから、あなたも1本(2500円くらい)購入し、 車の缶ホルダーなどにさりげなく入れておけば、助手席に乗った彼女もうっとりですね。

ただしフォーク等で良く使う金属のサスペンダーまで常時首からかけていると、さすがに彼女も引きますし、 万一エアバックが飛び出した場合は顔とエアバックの間にハープがはさまって相当痛いのでやめましょう。




2000.6.16
 悲惨!録音機器


私は芝居の音楽を制作する関係もあって、素人にしては音響機器が妙に充実しているのですが、 先週、そしておとついと、録音用MDが2台連続で壊れました。

1台の方は、壊れたくなる気持ちも確かにわかる程の働きぶりだったのですが、もう1台の方はまるでついでに壊れたかのように早く壊れました。
前者の1台は手厚く葬り去ってあげる時が来たという気がしますが、問題は今イチやる気のないまま役割を終えた後者の方で、どうしてやろうかと悩んでいます。




2000.6.18
 一新!駐在だより「不動前」


3月11日付で御紹介した、近所の駐在所の広報『不動前』を覚えていらっしゃるでしょうか? 深夜に帰宅した私を一撃で恐怖のドン底におとしいれた、お巡りさんの手作り新聞です。>>

その心温まる「駐在だより」が今日また、自宅に届きました。ところがそのタイトルが!(左下)


やはりチビっ子達が読むことなども考えると、左上の旧タイトルはあまりにも怖すぎ、これを目にした子供達の 心が逆に荒れていくなどの深刻なマイナス面があったのでしょうか?

どういったいきさつでこうなったのかは分かりませんが、こうして親しみやすくなった 「不動前」がより一層愛されるようになるだろうと喜びつつ、昔の怖かったタイトルが少しばかり 懐かしく感じたりもするこの頃です。




2000.6.20
 Bluegrass、ベルトのバックル


昨日、久しぶりにブルーグラスのライブに行って来ました。
演奏は福岡に住む美しい3姉妹『中島シスターズ』。
美しいのみならず歌や楽器も本当に上手で、何かと見どころの多い楽しいライブでした。

場所は銀座のとあるブルーグラス/カントリーを演奏する店。
こういう「特定の音楽ジャンルの店」というのは、そのジャンルならではのワールドがそれぞれに展開されており、これが結構濃密です。

ジャズとかブルースといったジャンルであれば、足を運んだことがない方でも何となく店内の雰囲気が想像できるかと思いますが、 これが例えばハワイアンとかになると”レア感”もひとケタ違います。
ステージと客席が一体化し、時に激しく、時にムーディーに、ハワイアンを歌い踊る世界は、 「世界ウルルン紀行」でも収録しているのかと思うほど。

ではブルーグラス/カントリー系の店は?というと、ちょうどその中間に位置する感じ。
一般の方が入店した場合、多少のカルチャー・ショックは受けつつも、「一刻も早くこの場を脱出しなくては」という切迫した恐怖感のようなものはないように思います。
もちろんカウボーイの格好をした方などが平気でいたりしますので油断は禁物です。

ジーンズの着こなしも見逃せません。
カントリー系のジーンズと言えば、やはりおしゃれポイントはバックルで、一般の方に比べてこのバックルが異様にデカいのです。


しかし昨日は「それにしても大きすぎないだろうか」という方を発見し、私の目は釘付けになってしまいました。
あれはもう「バックル」ではなく「チャンピオンベルト」とカテゴライズして良いでしょう。

バックルとチャンピオンベルトの境界線は自分の中でも漠然としているのですが、昨日 見たものは明らかにこの禁断の境界線を、大きくチャンピオンベルト側に越えていたような気がしました。




2000.6.22
 安さ爆発!「ニューうさぎや」


「ニュー・うさぎや」は等々力駅近くの小さな衣服の店。現在私の注目店です。

主力商品は御婦人達や年輩の方々の日用品で、少し引いてしまうような種類の商品の品揃えが実に豊富です。

この「ニュー・うさぎや」は赤いウサギのマークの小さい看板が目印で、別の用事があって通りを歩いていたのですが、看板に魅入られて、つい入店してしまいました。
中には所狭しと廉価商品が陳列されており、 そんな店内にいると、だんだん、他の店で見ても絶対に欲しくならないような服も、「この値段なら買っても良いかも」と思えてきて、非常に危険です。
物凄い色のスウェットや、誰の目もごまかせない類似品などが、私の目にひどく魅力的に映り始めました。

すると、お得意さんと思われるお婆さんが入ってきました。
 お婆さん:「あらー、今日は売り出しじゃないの?」
 お店の人:「ええ、すいません。売り出しは明日からなんです。」
それを聞いてお婆さんは帰っていきました。

・・・
既にこんな安いのに、更に「売り出し」という行事が用意されているとは!

概ね「ニュー・うさぎや」の魅力を理解したような気になっていた私ですが、大いに反省し、 今度は「売り出し」の日に来ようと決めたのです。




2000.6.23
 火星のはなし


今日は火星のニュースで賑わっていましたねー。水があったんですね。

男子の場合、宇宙好き、恐竜好き、乗り物好きというのがまあ定番ですが、私も幼稚園から小学校低学年にかけて、いつも 宇宙の絵本を読んでいました。
ちなみに宇宙好きの子供は、「宇宙の広さ」のことを考えている内に わけがわからなくなって気持ち悪くなる、という経験を必ずしています。

ちなみに当時読んだこの絵本には、各種宇宙の知識と共に何タイプかの「火星人の想像図」も掲載されており、「火星には こんなのがいるのか・・・」と目を見張ったものです。
中でも圧倒的な存在感を持っていたのが、例の最も有名なやつ。『火星人』と言えばもう、全国的にこの人です。
参考までに画像ソフトを使ってフリーハンドで描きましたが、しょせんマウスの動きには限界があり、結構 ショッキングな出来です。私の絵の実力がこの程度だと思われることを恐れます。

*

そんな火星人好きの私ですから、3年前に火星探査機『マースパスファインダー号』がカメラを搭載 して火星に着陸した時は、本当に興奮しました。関連のニュースも欠かさず見ました。

そして連日火星から送られてくる映像がお茶の間のテレビで放映されている中、私はどきどきしながら画面を見ていたのです。
こうして世界のお茶の間のテレビで放映されている最中に、もしカメラの前を火星人が横切ったら!、と。

アメリカで起きた、有名な『火星人の襲来』事件。
参考までにある文献から拝借しましょう。



米国で多くの人をパニックに陥れたラジオドラマ「火星人の襲来」 が放送された日(1938)

1938年の今日、アメリカのCBSラジオが「火星人の襲来」を放送した。
イギリスの作家、H.G.ウェルズの「宇宙戦争」を元に、ハワード・コッチが脚本を、オーソン・ウェルズが演出を担当したドラマだ。
しかし冒頭で音楽放送を突然中断し、火星軍のアメリカ襲来の模様を伝える臨時ニュースを挟むという斬新な演出のため、これを真に受ける人が続出し、 アメリカの各地でパニックが起こった。
放送ではフィリップス記者が、火星人の襲来のもようや容貌の実況を行ったが、この記者を演じたのが、 俳優でもあるオーソン・ウェルズ自身。
放送の途中には、これがドラマである旨のアナウンスも挟まれたそうだが、そんな声はドラマ冒頭で大混乱をきたした 人々の耳には、もはや入らなかった。
避難しようと街を離れる人はもとより、絶望して自殺しようとした人まで出る始末で、少なくとも100万人のアメリカ人 がこのパニックに巻き込まれたという。

・・・読めば読むほどすごい事件ですね。
しかし、いくら何でも「絶望して自殺しようとする」のは気が早すぎるのでは?

というわけで、私もこれを読んで興奮し、火星人がカメラの前を横切るところを捉えた瞬間のイメージ図を製作してみました。
これで今後火星人が突然テレビに現れても、当アワー御視聴の皆さんは、慌てて自殺したりなどしなくて済みますね。




2000.6.26
 深夜のテレビ


昨日は選挙が行われていましたが、そういう日に流される、「○○関係のニュースは、情報が入り次第お伝えします」というテロップだけが入っている深夜の静止画像。
あれはなかなか興奮します。
あの緊張感が良いのです。
こちらも緊張感を持ってこの画面と対峙しなくてはという気持ちになりますね。

とは言え、実際にこの動かない映像を飽きもせず凝視し続ける人となるとなかなかいないと思いますが、友人のマンドリン弾きKさんは数少ないそういう1人です。
ある年の台風の日のこと。スタジオ内に置かれた天気図を映し続ける画面を例によって見つめ続けるKさんでしたが、 数時間が経過した未明、テレビカメラの前を誤ってスタッフが横切った瞬間を目撃したというのです。

これはうらやましい!この何とも言えないチープさ加減がたまりませんね。

その話を聞いて以来、私もあの画像を一層よく見るようにしていますが、最近は風景画像のような ものが多く、人為的エラーに起因するレアな瞬間にはまだお目にかかったことがありません。




2000.6.27
 最厚底ブーツ


もうすっかり下火なのかと思っていた厚底ブーツですが、昨日、すごいのを見ました。
どれくらいあったかなあ。もう「底」と言うより「台」でした。

あれだけ高い位置に「足の裏」があると、完全に関節が1つ増えたような状態だと思うのですがどうでしょう。
すなわち、上から @足の付け根 A膝 B足首 C足の裏とブーツとの接点 です。

ということは、あれを見て「歩きにくいのでは?」と思うこと自体が間違いで、「歩く」という概念とは別の、「ある新しい動き」によって移動する、という整理の方がふさわしいかもしれませんね。




2000.6.29
 来日!ザ・ビートルズ


ビートルズが来日したのは、1966年の6月29日、つまり今日です。
勿論私は2歳ですから記憶がありません。弟も生後3週間なので記憶がないと言っています。

ビートルズ日本公演のフィルムは永いこと幻の映像で、この66年以来1度も再放送されることは なかったらしいのですが、私が中学生の時に、15年ぶりにこの映像がテレビ放映されたということがありました。


私が中学生の頃というと、LPの大きなジャケットからおごそかに出てくる「ライナー・ノーツ」が数少ない情報源。
日本公演の映像など見たこともない私が、ビートルズ来日時の様子を想像するようになったのも、渋谷陽一さんが書いたあるLPのライナー・ノーツを読んでからのことです。

羽田に降りたビートルズを乗せた車と先導のパトカーが走る深夜の首都高速。交通規制されて一般車のいない首都高を走る一群と、鳴り響くパトカーのサイレン・・・。
そして突然その映像をバックに流れる、「ミスター〜ムーンライト」というジョンレノンの歌声!
その瞬間のことを、渋谷さんは「頭をハンマーで殴られたような衝撃」と述懐されていますが、私と同世代の方なら誰もが読んだことがある文章なのではないでしょうか。

そして1980年の今日、ついに私もその映像を見ることができたのですが、白黒のその映像とジョンレノンの声は、 渋谷陽一さんのライナーを読んで以来抱き続けていた想像を裏切らない、あまりにも生々しく刺激的なものだったのです!

ただしその頃のAV機器というと小さいカセットテープレコーダーが1台あるだけで、テレビの前にそのレコーダーを置いて録音していたので、興奮しているのに 声を出せないという異様な空気の中、その映像を見ていたことも併せて思い出しました。




2000.6.30
 来日!ザ・ビートルズ-2


これは有名な「ザ・ビートルズ日本公演」のパンフレットの表紙です。
どういう経緯か忘れましたが、ある時入手したものです。
実際は横26cm、縦36cmとかなり大判で、白地の表紙上に左のロゴが中央に配置されています。
クレジットを見て見ましょう。

   ザ・ビートルズ
   日本公演
   ------------------------------
   6月30日<木> 6:30
   7月 1日<金> 2:00/6:30
   7月 2日<土> 2:00/6:30
   日本武道館
   主催=読売新聞社・中部日本放送
   協賛=ライオン歯磨・ライオン油脂/後援=日本航空・東芝音楽工業

ということは・・・? 今が1966年なら今日は6時半から最初のステージかー。
あー、もしこの時代に生まれていたなら!!(厳密には生まれていましたが)

このパンフレットは恐らく当時としては出色の出来で、内容が非常に充実している一方、 広告関係はこの時代ならでは!という作品が散りばめられており、これまた魅力的です。