2000.8.1
 魅力爆発!ほたるまつり


自宅近くに「等々力不動尊」というお不動さんがあり、周囲の景勝地「等々力渓谷」と一体となって、非常に風情のあるたたずまいを 見せています。
その等々力不動で一昨晩、「ほたるまつり」という小さなお祭りがありました。

一昨日は夜まで暑かったのですが、こうした魅力的なお祭りがあるとなれば見逃せません。
規模は境内と渓谷の付近をぐるっと1周してもせいぜい30分くらいという程度ですが、それでも人がたくさん繰り出してきて、なかなかの賑わいです。
想像すると、昔はこの渓谷のあたりに生息する野生のホタルを見るお祭りだったのではと思うのですが、 いまは幾つかの大きな箱にホタルが入れられており、私達はそれを見て楽しむというスタイルです。

出店も出ていました。
こちらもそれほど広くない境内のスペースに15〜20くらいの店が出ている程度で、この規模がまた親しみを増しています。
まずはここでたこ焼きを購入しました。

たこ焼きは行列ができる人気ぶりで、私もその最後尾に並びました。
するとその横で小学生2人が商売をしています。どうやら100円で彼らとジャンケンをし、勝つとおもちゃがもらえるという ゲームのよう。
実際、明らかに彼らのものと思われる筆跡で、「ゲーム」と書かれた段ボールの看板も掛かっています。
彼らは店番を任されているだけなのか、それとも実質上の経営者なのかは分かりません。
着想はシンプルであるものの設備投資の必要がないので、事業としての収益性は高そうです。

「おとなでもいいよー」と盛んに大声で集客をしており、たこ焼きの列に並んでいる私も非常に気になります。
しかしいくらお祭りでも小学生にジャンケンで負けるのはすごく悔しい気がして、じっと我慢しました。

そんな訳で、小学生の経営するゲームコーナーの誘惑を見事に断ち切った私は、たこ焼きも無事手に入れ、 決して広くない出店ゾーンを徘徊しておりました。

*

次に目に入ったのは同じくゲームですが、こちらは大人が経営しているようです。
ルールはテニスボールを投げ、所定の的に上手く入ったら商品がもらえるというありがちなものですが、 よく見ると投てき位置と的までの距離がおよそ50cmという衝撃的な近さです。
これではボールがよほど不運なバウンドをするか、あまりの近さにかえって過度の緊張を誘発すると いった体の変調が起きない限り、1等賞品が手に入るのは確実です。
さっそく100円の料金を支払いやってみますと、案の定1等になりました。


「は〜い1等、おめでとうございます!」という声とともに手渡された商品は、 8月18日神宮球場のヤクルト−広島戦のペア・チケット!これは驚きました。100円なのに。

確かにこの「ヤクルトVS広島」という対戦に魅力が乏しいというのはありましょうが、それにしてもこの相場でチケットが流通している とは若松監督も御存知ないことでしょう。

夜になってお祭り会場はまた人が多くなってきました。
非常に暑く、湿度も高いのですが、そうした夏特有の、決して快適でない要素までもが、こうした行事を盛り上げる重要な要素だということも実感しました。
こうして渋い魅力満載のほたるまつりの夜が終わっていったのです。




2000.8.6
 江戸川花火大会


昨日は江戸川の河川敷で花火大会がありました。
花火、それも下町でとなれば、ここは浴衣でも着込んで見物と洒落てみましょう。
世田谷から江戸川まで行くとなると結構遠いのですが、雪駄を履いて、電車を乗り継ぎ行って来ました。

江戸川はさすがに大河川で、河川敷の広さも尋常ではありませんが、そこにまたものすごい人が座って見ています。
今朝の新聞によると、主催者発表で139万人!きれいな花火が上がったりすると、拍手をしたりしながら皆さん思い思いに楽しんでいます。 私も見ているうちにどんどん気分が良くなってきて、途中の出店で購入したビールもあっという間に無くなってしまいました。

その花火を見ながら、私はふとちょうど1年前に宮古市で見ていた花火大会のことを思い出しました。
人口4万人の宮古市の花火大会ですから、観客だけで139万人のこの江戸川の花火とは比べようもないのですが、花火はどんな大きさでも風情があって良いもの。
私は職場の寮の屋上に上り、若い寮生達と酒を飲みながら見ていましたが、実はその時はすでにあと10日ほどで 三陸を離れることが分かっていたので、その光景を目に焼き付けたいような気持ちで見ていたものです。

1年たって今度は江戸川の河川敷で花火を見ているのですから、ほんとに人生わからないもので、 来年はまたどこか別のところで花火を見ているのかもしれませんが、まあそう考えるとどこへ行っても こうして楽しいものだと、妙にビールも進む私でした。




2000.8.28
 箱根ブルーグラス・フェスティバル


「西の宝塚、東の箱根」とも称される「箱根ブルーグラス・フェスティバル」が8月25〜27日にかけて開催されました。

ブルーグラス・フェスティバル、通称「フェス」という催しは、ブルーグラスというジャンル特有の行事で、キャンプ場などの野外で 開催され、各地からプレイヤー、リスナーが集結し、夜通しステージやジャム・セッションを楽しむという体力勝負の催しです。


はじめて参加した箱根のフェスは、さすがにものすごい人の数でした。どのくらいの参加者なのか、想像もつきません。
場所も素晴らしいところで、緑が多く、小川も流れ、北海道育ち・東北経由の私も、箱根の自然には感動しました。
「暑さ、徹夜、二日酔い」という三重苦も、ふと周囲を見渡すことで大いに緩和され、嘔吐してこの自然を汚すまいと、強い気持ちが戻ってきます。


思いがけず嬉しいこともありました。
フェスの最後に「コンベンション」なる演奏コンテストがあるというので恐れ多くも参加してみましたら、幸運にも優勝することができ、 賞品としてトロフィーとギターをいただいたのです。>>

この「コンベンション」、箱根フェスティバル恒例のイベントらしく、相当奥が深く、単なる「腕自慢」だけでは観客・審査員の方々に御満足いただけません。
何かしら一発芸的な笑いの要素も求められているようで、名だたるプレイヤーの方々が素晴らしい「演奏と芸の中間」を披露しています。
何も知らずに参加した私の精神状態は時間の経過と共に著しく不安定になっていき、自分の順番が来てステージに上がった時は、ちょっと自分でも経験した ことがないほど緊張しました。

おかげで良い思い出になりました。
このトロフィーはまるで甲子園のように、翌年返還しに行かなければならないとのこと。
私の部屋ではバンジョーの形をした不思議なトロフィーが静かに微笑んでいます。
ありがとう箱根フェス!そしてお会いした皆さん!




2000.8.30
 箱根フェスと等々力まつり


ところで箱根フェスから帰ってきた27日の日曜日は、近くの等々力商店街のおまつりがありました。
箱根では前日から一睡もしていなかった上、帰りの東名高速は北海道出身の私には信じられないほどの 大渋滞で、命からがら夜の8時過ぎにやっと生還したのですが、疲れ切った私の耳に何やら音頭のサウンドが。

「??」
意表を付くこのサウンドが気になって、誘われるように音のする方へ歩いてみますと、等々力駅のところで商店街のおまつりが 開催されています。
非常に中途半端な規模で、明らかに私好み。
家に帰ったらとにかく風呂に入って一刻も早く寝なければと思っていたのに、気が付くと私はおまつり会場を歩いていました。

出店は全部でも10軒くらいで、お好み焼き、おもちゃ、型抜きなど。
特に「ダーツ」と「スーパーボールすくい」が 私の目を引きました。

ダーツの的はひどくいびつな木製の円盤で明らかに耐用年数を超過しており、ゴロゴロと奇妙な音を立てて回転しています。
そしてスーパーボール。

手元の資料によると、スーパーボールの発売は1966年で、宣伝コピーは「引力を無視したその動き」です!
今はこんなもので遊んでいる子供を見たことがありませんが、当時は折しも宇宙ブームの中で、本当に良く弾む このスーパーボールは、質感、性能ともに宇宙感満点の宝物でした。
スーパーボールすくいの一角をのぞいて見ると、ちょうど少年がチャレンジしている最中で、嬉しい感じがしました。


なお冒頭に書いた、私が耳を奪われたサウンドは「東京音頭」でした。
なるほど、東京音頭はこういう時に使用されるのですか・・・。

♪ハァ〜 踊り踊るなら チョイと東京音頭 ヨイヨイ〜

しかし東京音頭が全開で流れる会場横の公民館には、「○○家葬儀」という看板が。
これには重ね重ねお気の毒という気が致しました。