2001.2.1
 ZOさん


      

これが「ZOさんギター」。

御紹介するなら "日本で初めての、実用的アンプ&スピーカー内蔵ギター" とでもなりましょう。
"エレキ・ギター"の最大の弱点は、それが「電力を使用しなければ音が出ない」ということです。
ロックだパンクだと騒いだって、所詮コンセントが近くにないとGooという音も出ないのです。

しかしエレキ・ギターによって無電力演奏を実現するには、ロボコンのように演奏者自らが発電するか、それが無理ならやはり蓄電池で動作するような構造にする しかありません。
とはいえ電池による増幅はやはりパワー不足、また小型のスピーカーでどれほど高品質のサウンドを出すことが可能かといった 問題もあり、さらにはハウリングについての対策も課題・・・。
そんな訳で、ポータブルなアンプ&スピーカー内蔵ギターというのは、はっきり 言ってろくなものが存在していなかったといえましょう。


そんな時!
突如として、十分実用に耐えうる品質で「ZOさん」なるギターがフェルナンデス社から発売されたのです。
この「ZOさん」の発売時期が、ちょうど忌野清志郎さんがテレビ等のメディアに積極的に露出する ようになった時期と重なっており、彼はよくそうした番組に「ZOさん」を抱えて出演していたのです。

私は確認のため、約15年前に録画した村上龍のトーク番組「Ryu's Bar」を昨日、久しぶりに見ましたが、 彼はもともと照れ屋なのでしょう、トークのあいだも全然 "間" が持っておらず、そのぎこちない間を埋めるため「ZOさん」をいじっていました。
ある意味、清志郎さんと「ZOさん」の補完関係が明確で、見ていてとてもイイ感じでした。




2001.2.2
 続・ZOさん




先日、ZOさんの記事を書いたところ、私の後輩達から以下のような書き込みが。
 眼の位置はちがくないですか? 黒い部分が耳で、その先にある点みたいなのが「目」なんですよ、きっと。

 私も賛成です。スイッチを入れて赤く点灯する部分が目だと解釈しております。

・・・ですよね!
考えてみるとこんな目のデカい象なんている筈がありません。
指摘されて画像を修正している自分がやけに寂しく感じます。




2001.2.2
 ZOさん(再度改)


さて昨日、打ちひしがれながら画像を修正した私ですが、一方で「やはりあのデカいのが目では?」という思いが再び沸き起こってきました。
こんなことで意地になっていると思われるのも何ですが、実際少女マンガなんかではこの程度の 目の大きさは普通です。

試しにちょっと描いてみましたら、ピカソの絵みたいになりました。私の絵の実力がこの程度だと思われることを恐れます。





2001.2.8
 ZOさん(終)


もうこの話題を口にすることはないと思っていましたが、なんと、ZOさんの身体構造を解明するため、 ギターの製造元であるフェルナンデス社に直接確かめたという後輩・籠橋君からメールが届きました。
全く恐ろしい人がいたものです。この問題に決着をつけようというわけですね。

まず以下は、籠橋君がフェルナンデス社に送ったという質問です。
御社の名品ZO-3シリーズについての質問です。
私の仲間内で、ZO-3シリーズの目に当る部分がどこなのか?という解釈で真っ二つにわかれております。
一つは、スピーカー部分を目とする解釈。もう一つが、スピーカーよりもネック寄りについている赤く点灯する部分を目と する解釈です。(この場合、スピーカー部分は耳となります)
是非とも、御社として、どちらの解釈でZO-3を制作されたのかお聞かせ下さい。
これを読みながら、既にジトッとした汗をかき始めた私ですが、それにしても籠橋君、「御社の名品」と切り出すあたり、なかなかの策士ですね。
そして以下がその回答です。
籠橋様
メールありがとうございました。
ZO-3シリーズの目に当たる部分は、赤いLEDの部分となっております。 ちなみにスピーカー部は耳という解釈です。
今後とも弊社をよろしくお願い致します。
「デカい目説」で強引に押し切ろうとした私ですが、こんな行動は予想もしていませんでした。
当アワーの読者を甘く見ていました。すみません。


○正解





2001.2.15
 CMと和田アキ子さん


「♪あの頃は〜」

最近やってるあのCM、いいですね。
映像の質感、ベルボトムのパンツ、ハードボイルドな雰囲気等々と和田アキ子さんのレトロが歌がよくマッチしている上、 30秒間の中に歌の重要な部分が全て収まって、「あー、そこでフェイド・アウトしないで・・・」というストレスもありません。

しかし2〜3度しか見ていない上、その間歌に釘付けなので実は何のCMなのかまだよく知らないのです。
そこで例によってネットで検索してみましょう。「和田アキ子」で検索すれば、有用なサイトがヒットして何か分かるはず。

そう思って「和田アキ子」と入力すると、さっそくアッコさんの公式サイトなるものにたどり着きました。
ホリプロによる公式ページのようです。なるほど、なるほど。メニューの中にCM出演情報のようなものがないでしょうか。

すると期待していたようなメニューは見あたらないのですが、代わりに「あなたの悩みにアッコさんが答えてくれます」というコーナーが!
さすがは芸能界の御意見番、アッコさん。
思えば日々悩みの尽きない繊細な私。私はその相談の入口らしい「Akiko’s Room」というボタンをクリックしていました。


えー、なになに・・・
「仕事か結婚かで迷っています −28歳OL」

・・・うーん、私の悩みとはちょっと違いますが、まあいいでしょう。アッコさんの答えが何かしら参考になるはずです。
「30歳すぎてお局様になるちょっと前ぐらいまではやってみるのもいいんじゃないですか。
どのみち30すぎれば、だんだん居づらくなちゃうんだからさ。」

・・・こ、この回答は?!
こんな回答があって良いのでしょうか。しかもよく見ると"回答"ではなく【啓示】と表記されています。

ページには続けて「悩みのある方はこちらからどうぞ」とあり、ボタンには「Tell Me」という文字が!

この"啓示"を見た後で「Tell Me」と言われても、Tellする勇気など湧いてくるはずもありません。
相談したい気持ちを胸にしまい込んで、私はそのページをそっと閉じたのです。




2001.2.19
 日本マンガ学院?


この土日、何かしらここに書かずにはいられない案件があったような気がして、それが何だったか思い出せないまま2日間が過ぎて しまいましたが、今日地下鉄に乗って、再び思い出しました。
それが「日本マンガ学院」(?正確には不明)の車内広告です。
実際に見ないと伝わらない種類の面白さなので私も非常に歯がゆいのですが、その存在だけでもお知らせしなければ 気が収まりません。

それは見たところ漫画関係の専門学校の広告と思われ、「目指せ、平成のトキワ荘!」といったコピーで漫画家を志す者を 煽っています。
ここまでは良いとして、問題はその学院の講師陣。
氏名と共に掲載されている彼らの代表作の絵は、一目見ただけで絶対に人が集まらないと確信できる、 時代遅れで毒々しい絵のオンパレードなのです。


仕事帰りで疲れていた終電車で私はうっかりその広告の前に立ってしまったのですが、吊革につかまりながらそれを呆然と眺めて しまいました。


私はマンガの世界を詳しく知っているわけではないため(「王家の紋章」は勉強中)、講師と作品名が正確に頭に入っておりません。
しかしそんな私でも、「この人は明らかに知られていない」と瞬時に理解できるような方々が、しかも「知られない理由」を確認させるかの ような自筆の絵と共に、並んでいるのです。うーん、皆さんにも見せたい!

講師一覧の一番下に日野日出志さんの名前があったことだけは記憶しており(この人選が既に凄いと思うのですが)、 日野日出志さん関連のサイトから参考となる画像を拝借しようと思いたった私。
しかしアクセスした瞬間、これをハシモトコウ・アワーに掲載するのはよしておこう・・・と思わず私も退いてしまうような絵が満載でした。

(↓2/20付「日本マンガ学院?-2」へつづく)




2001.2.20
 日本マンガ学院?-2


今日は日本アニメ学院(仮称)の広告がある車両に乗れず、残念でした。
あの広告にまた出会えると良いのですが、とにかく正確な学校名すら分からなく困っています。

とりあえず日野日出志さん以外で記憶にあるのは、"バロン吉元さん"という方がおかまの格闘家のような絵を描いていたこと (あれが代表作なら仕方ありませんが)と、作者は覚えていませんが「不思議のたたりちゃん」とかいう、 ゲゲゲの鬼太郎が酔ってイっちゃったようなのが主人公の絵がありました。

正直なところ禁断症状のようなものが起き始めており、地下鉄に乗るたび車内を見渡しては一喜一憂しています。

(↓2/21付「日本マンガ塾!」へつづく)




2001.2.21
 日本マンガ塾!(正式名)


私の元に、突然 【これ?】というタイトルの書き込みが。
えーと、なになに・・・
こうの言う「地下鉄」が日比谷線であるならば、沿線の恵比寿に位置するこの団体は有力。
「平成のトキワ荘」とか「日野日出志」などのキーワードも一致。   URL
ま、まさか・・・例のマンガ学院の正体が!?
私の頭の中は騒然となり、夢中で記載のURLをクリックしました。   ・・・こ、こ、これです!!

私の探していた怪団体の正体は「日本マンガ塾」でした。
昨日ご紹介した"鬼太郎が酔ってイっちゃったようなの" もここに掲載されていました。 (右図)
「平成のトキワ荘」というコピーの横にこんな絵が並んでいるのを見たら、疲弊した終電車の中でどんな気持ちになるか、おぼろげながらも想像 していただけましょう。

(橋本注:なおその後、日本マンガ塾のHPは変化を遂げ、右のような絵が満載なページではなくなっています)




2001.2.25
 同窓会


「同窓会」という言葉には妙に枯れた響きがありますね。
イメージ的には場所は温泉で、記念撮影は全員浴衣というイメージ。
一方「クラス会」という言葉になると、どことなく"青春"を感じ、これまた少々照れるものもあります。
まあ何と呼ぶかはともかく、一昨日、高校時代の同期10人くらいが集まって飲みました。

卒業から約20年も経つと、にわかには信じられないほど容姿が変化している御仁もいらっしゃるものですが、昨日は そうした方は見当たりませんでした。
同席していたのに最後まで気付かないほど変わっていた人が実はいた、というので あれば別ですが。

以前このページで、中学時代に埋めたタイムカプセル発掘行事(2000.5)について触れた際も書きましたが、 こうしたクラス会において最も重要な議題は「昔、誰が好きだったか」で、まさしく話題のホームラン王。
特にここのところ「クラス会もの」がやけに多く、その都度、確実にこの話題になるので統計的裏付けも確かです。

聞いている方もさすがに大人なので「ヒューヒュー」などと言って冷やかしているバカはさすがにいないのですが、 「へー」などと冷静に聞きつつ心の中で激しく驚いたりなど、なかなか奥の深い行事なのですね。




2001.2.27
 「HERO」と斎藤歩


世の中の流行り廃りにもおさおさ注意を怠らない私は、現在放映中の木村拓哉さん主演のドラマ「HERO」を録画することにしました。
しかし実はそれを再生することもなく放っておいていたのですが、「あの日のHEROに斉藤歩が出てた」というお便りを頂いて、驚きました。

こんなこともあろうかと録画していた、とまでは言いませんが、ここは代表して私が本人か否かを確かめてみましょう。どれどれ・・・。
(シュルシュルシュルシュル)
おー、この顔はどこから見ても歩です。いや、この顔というより「この人相」と言った方が良いでしょう。

斉藤歩さんというのは、北大演研青テント〜札幌ロマンチカシアターほうぼう舎を通じて座長であり、作・演出をつとめていた人間で、歌も上手く、私が倉庫で初めてライブをやったのも10年前の「斉藤歩・橋本幸ライブ」でした。
恐らくメジャーなドラマに出演したのは初めてのような気がしますが、この日は宇多田ひかるがチョイ役で出たこともあって 開始以来最高の36%の視聴率だったとのこと。
うーん、これは大変効率的!3〜4%のドラマに10回連続出演するようなもんで、何より相手がキムタクと松たか子!これはいいですねー。

今後のレギュラー入りにも期待したいところですが、案の定悪者役で逮捕されてピンチです。
弁護士役の飯島直子に控訴してもらうよう、番組に要望しましょう。