2001.4.2
 


昨日はとても良い天気。周囲を見ると桜が咲いています。これは上野や千鳥ケ淵は大変なことになっているでしょう。
こうしてはいられません。私も桜を見に行かなくては!

北海道以外に住んだことがなかった私にとって、咲き乱れる桜を初めて見たときの大ショックはとても一言では言い表せません。
就職した10年前の4月、場所は代々木公園。
すさまじい量の桜が咲いており、風に吹かれて散った花も路上に積もっていてクッションのようです。
360度桜という光景に「これが桜なのか・・・」と言葉を失いました。
その時の感動は忘れることができません。またその後東京に住むようになった事もあって、春になると同じような光景を見たくてよく出かけるのです。

昨日もきれいでした。感動しました。
あんな花が咲いてたら、それはその下で一杯飲もうという気にもなりますって。


ところで日本のように南北でこれだけ気候が違うと行動様式や文化なども当然違ってくるわけですが、中でも「花見」と「海水浴」は 北国の人間にとって「縁遠いモノ」の両横綱的存在と位置付けています。

北海道の場合、花見も海水浴も、「暦上そういう季節だから行く」ことはあっても、「桜が綺麗で呑まずにはいられないから花見に行く」とか、 「暑くて死にそうだから海水浴に行く」とかいう自然発生的な行動とは違います。
実際「夏だから」と海に行ってはみたものの、浜辺にいる全員の唇が紫色になっているという光景もそう珍しいことではありません。
しかし南国(私にとって関東は既に南国)は違います。
この信じられない暑さの中、海にでも漬かっていないと本当に死んでしまうかもしれません。


私の(真の意味での)「海水浴」原体験は15年前で、宝塚ブルーグラス・フェスティバルに参加するため関西に初めて行った時にさかのぼります。
小樽からフェリーに乗って1日半。舞鶴港に着いたという放送を聞き2等客室から甲板に出たその瞬間、私は余りの暑さに人生観が変わるほどの 衝撃を受けました。ホントに。
どこか赤道近くの国にでも連れて来られたのかと思うような暑さ! 暑い。暑すぎる。私は死ぬのでしょうか・・・。

その時、部員と一緒に近くの海水浴場に行って入った海の気持ちよかったこと!私は22歳にして、初めて海水浴の意味とその素晴らしさを知ったのです。
海水浴、それは生きるための行為− 私にはそう思えてなりません。


さて昨日は日が暮れた後も夜桜を見に戻ったりと、結局一日つぶれてしまいましたが、桜を見ながらビールをごくごく飲んで大変有意義でした。
皆さんも行きましょう。




2001.4.5
 桜その2


先日花見に出かけた日、とある用事でヨドバシカメラに立ち寄ったのですが、その時ついでにオモチャデジカメを購入しました。
約5000円。もちろん中国製。

画質はデジタルとは思えない低クォリティで、被写体を精緻に再現するというより、雰囲気をアバウトに伝えるといった感じです。
8ビットのサウンドとあわせ、低品質な世界をお楽しみ下さい。
今後ハシモトコウ・アワーも魅惑のビジュアル化間違いなしです。

さてこうした廉価な2級品を購入した時は、高級品を買った時とはまた違う独特の嬉しさがあり購入して地下鉄に乗っている間も ニヤニヤしていたのですが、その時隣に座っていた男性2人が偶然にもデジカメの話をしていました。

1人は高級デジカメ所有の30代、もう1人はデジタルな世界とは無縁と見受けられる50代で、どちらも花見帰りで酔っています。
酔った30代は自慢のデジカメのスペックを説明しているのですが、酔った50代もこれまた独自の解釈でそれを理解しているようです。
「要するに48枚撮りってことだな?」
「いや違いますって。48メガバイトっていう容量のことなんですよ。無限に撮れるんです。」
「ふーん。・・・。48枚撮りってのはやっぱり凄いなー。」

両者の認識の違いは会話を進めるに従ってむしろ拡大しており、全く噛み合っていません。
ただ低スペックのデジカメを購入したばかりの私は、妙に50代のオッサンの方にシンパシーを感じながら2人の会話に耳を傾けていたのでした。




2001.4.9
 パソコンに関する悩み


私のパソコンのハード・ディスク容量は1ギガです。1ですよ1。
メモリーも極小で、要するに「快適なネット環境」からはほど遠く、例えばワープロ作業中にうっかりエクセルなどを立ち上げてしまえば、そこで終了ー。
物も言わずにプイッと動かなくなってしまいます。

年賀状の季節は住所録のソフトを使用したいのですが、勿論そんなものが収まるスペースはどこにもないため、その場合は 1度ワードやエクセルをアンインストールする作業から始めます(この作業は結構マジで泣けます)。
動作・レスポンスも遅いなんてものではなく、これはもうステゴザウルスと呼んで良いでしょう。

この環境下でホームページを作るのもなかなか根気が必要で、ステゴザウルスが何かしら考え込んだり簡単な処理に多大な時間をかけて いる間はこちらも一杯お茶を飲むなどしていますが、このままではお茶だけで満腹になってしまいます。

私が就職直後に室蘭市で愛乗していた車はスペックが旧式な上ボディも全身サビだらけ。
走行中にヘッドランプが自重で落下した時などは本当に驚いたものですが、パソコン1号機に何となくこの車に共通したものを感じています。




2001.4.26
 あのヒット商品は今


これはちょっと前の日経流通新聞の1面の見出しで、小見出しの中には「人生ゲーム」という文字が!
これはしっかり読んでおく必要がありそうです。

記事は過去のヒット商品の現在を追ったものですが、スポットを当てている商品を見ると、人生ゲームの他、家庭用パン焼き機、もつ鍋、 アパガードなど、一体どんな基準でチョイスしているのか不思議です。

「人生ゲーム」。
箱から折りたたみ式のゲーム盤が出てくるところで既に異様な興奮があり、ゲーム盤に固定されたあの立体的なルーレット式サイコロも斬新です。
あのサイコロもたくさん回転させようと力むと変にトルクが効いてしまい、"ガララッ・・・"という鈍い音と共にチョットしか回らないなど、 腹立たしいんですよね。
結構盛り下がるのが銀行員の役になってしまった時で、自分の人生だけで必死なのに他人の金勘定までしなければならず、 子供には負担が大きいと言えましょう。


さてその人生ゲームですが、発売33年目を迎えて今も年間20〜30万個が出荷されているというので驚きます。
現在のは5代目なんですって。
マス目の文言も時代の変化と共に変わっているらしく、初代は「世界旅行に行く」等だったのが、今は「東京ドームでワンマンショーを開く」 「ホームページを作る」等になっているとのこと。

東京ドームでワンマンショーが開ければそれは嬉しいでしょうが、問題は「ホームページを作る」というコマ。
このマス目ではコマが「進む」のでしょうか「戻る」のでしょうか、それが非常に気になります。

「戻る」というならこうしてホームページを作っている私は人生を後退していることになるのですね・・・。