2003.9.1
 グリコとCD



新聞によると、低迷していたCDの出荷額だか製造量だかがここのところ多少復調しつつあるとのこと。
それは大変結構なことと思いながら記事を読んでみると、どうも音楽シーンそのものが活況を取り戻したというのではなく、 グリコのオマケに使用されている8cmCDの製造が伸びているのが要因なんですと。それはそれですごい話ですね。

記事には商品名まで書いていませんでしたが、「タイムスリップ・グリコ」なる商品であると思われます。
いや「思われます」というか、実は私も発売直後にお店で見かけて我慢できずに1個購入してしまったため、間違いないのです。

グリコのHPに掲載されているその商品PRによると、ジャケットは勿論、穴あき中袋から音溝まで再現というのですから、かなりヤバい世界に入ってますね。

選曲の基準はよく分かりませんが、ザ・ピーナッツ、フィンガー5といった大ヒット歌謡もあれば、ガロの「学生街の喫茶店」のような渋いところまであり、 幅広く18曲。
俺様の場合、こうした戦後歌謡曲は全てシングル盤として所有しているため、「その曲が聴きたい」という理由での購入意欲は湧かないものの、 正直、これはこれで全て集めたいという危険な衝動にかられます。

ではなぜ1個買っただけで思いとどまったかというと、これだけ魅力的なラインナップであるにもかかわらず、私の購入した箱から出てきたのが 松崎しげるさんの「愛のメモリー」だったため。
18曲もあるなら、もう少し味のある世界に浸りたかったというやり切れなさが残る上、 もう1度購入した時に再度「愛のメモリー」が出てきてしまったらどうしようと考えると、つい躊躇してしまう私です。



2003.9.7
 おなじ



多少知恵がついて、似たような2つのものを見つけると両方を指差して「おなじ」と言うようになった最近の長女・桜。

NHKの「おかあさんといっしょ」に「くいしんぼーん」というキャラクターがいます。
その名のとおり食いしん坊で、「ぼくの名前はくいしんぼーん」と言った後、左手に持ったタイコのバチでシャツからはみ出したおなかをボーンと叩くのですが、 最近彼が出てくると、自分のおなかを指さして 「おなじ」 と言うようになりました。

以前からこの「くいしんぼーん」と桜のお腹に秘かに共通点を感じていた私ですが、「やはり・・・」と肩を落としたのです。



2003.9.14
 案内標識



東京ディズニーランドの近くを運転していたら左のような標識に出くわしました。
念のため付け加えますと、道路管理者の設置した正式なものではなく、恐らくディズニーランド側が敷地内に任意に設置したものと思われますが、 直進すれば「東京・千葉」、左折すると「混雑」という、まさしく次元の違う情報が1枚の看板に表示されています。

しかし交通混雑を緩和するため直進を促したいという意図は感じるものの、あまりに強引である上、 左折でも東京・千葉方面に行けるんだなということも透けて見え、妙に笑えますね。




2003.9.15
 





2003.9.20
 


阪神が18年振りの優勝を決めた15日、駆けめぐる色々な想いを熱く書こうと思っていたはずが、 今年春に父が大阪で買ってきたタイガース・ウィスキーを飲んでいるうちに酔っぱらってきておかしくなり、 気が付いたらグリコの人が走ってくる画像(上図)の作成に没頭していました。
左右の足が交互に上がるようになっているなど、これはこれで地味な細工がしてあるのです。

とはいえ、この画像だけがあるページというのも薄気味悪いのでせめて何かコメントをと思っているうちに完全に酔いつぶれてしまい、 加えて先週は毎日朝帰り。
結局、ただただグリコの人が向こうから走ってくるだけの画像だけが連日流れているという不本意な1週間でありました。
先週複数回アクセスして下さった方、毎日走っているだけで申し訳ありません。