2003.11.1
 未明の交通事故


仕事を終えてタクシーで帰宅中の午前3時。大型バイクとの衝突事故に巻き込まれました。

この日の首都高は3カ所で渋滞中。時間も時間なので座席で寝ていましたが、「巨人の星」に出てくる左門豊作さんに似た運転手の方は、渋滞を抜けた瞬間からアクセル踏みまくり。
私は加速感で目が覚めました。

メーターを見ると130km/hを超えたあたりをユラユラと指しています。
しかしここは北海道縦貫自動車道ではなく首都高速3号線。渋滞するほど車の多い道路を130km/hで走られると、こっちもうかうか寝ていられません。
「この運ちゃん、いつか事故るな・・・」
と思っていたら、その日に早速事故りやがったというわけです。

それにしても半端じゃない恐怖でした。
首都高を降りて環八に入り、自宅近くの交差点までどうにか来たものの、対向車が多数向かってくる中で、無謀にも右折を開始。
「うわーぶつかるー!」
キキー・・・ドカーン。。。
車のフロントガラスは粉々に割れ、バイクの運転手は吹っ飛び、私も座席の左側面に体を強打・・・。

皆さんも気をつけて下さい。
と言っても、当面、左門豊作に似た運転手のタクシーには注意するくらいしか手がないのですが。



2003.11.8
 効果抜群!痴漢撲滅ポスター


普段から電車内の吊広告や駅構内の広告・ポスター類には何かと注意力を奪われがちな私ですが、中でもここのところ私の視線を独占気味なのが、 営団地下鉄&警視庁の痴漢撃退用ポスターです。

初めて見た瞬間からこのポスターの妙なテイストを是非皆さんにも伝えなければと思っていたのですが、 昨日、我慢しきれずにポスターに最接近して詳細に観察しました。
すると、ポスターの原画に関するHP情報が隅に掲載されているのを発見!すかさず私はそのアドレスを書き取りました。
痴漢撃退用ポスターの前で熱心にメモを取っている男の姿は、周囲から見ても相当不審であったと思われますが、冷静さを欠いていたためその時はそんなことに気付きませんでした。

で、左がそれ。クリックして拡大しましょう。

なんかこう、寒いでしょ。
最近の政府・官公庁系の広報がソフト路線に偏る中、妖怪人間ベム系のこうしたタッチは非常にレアです。

というか、そもそも被害者と思われる右の女性の御面相にインパクトがあり過ぎ、「痴漢は犯罪です」というコピーがなければ、殆どサラリーマンが女子高生にカツアゲされている図です。
また背後の3人の存在も何とかして欲しいですね。正義を愛する目とも違う冷え切った視線。マグマ大使に出てきた人間モドキが頭に浮かびました。

ただいずれにしてもこんな状況になるなら怖くてしょうがなく、本ポスターの痴漢抑止力効果は相当なものであると想像されます。



2003.11.15
 ザ・グッバイ


とあるWebニュースの芸能欄

 【“ヨッチャン”が「ザ・グッバイ」一夜限り再結成】

ピンポイント的に狭い世代にしか理解できない見出し。これでは殆ど何かの暗号です。
説明も兼ね、記事を引用しましょう。

「たのきんトリオ」の“ヨッチャン”こと野村義男(39)が、アイドル時代に結成したバンド「ザ・グッバイ」を再結成。15日に東京でライブを行う。
「ザ・グッバイ」は83年にヨッチャンのほか、リーダーの曾我泰久らジャニーズ所属のアイドル4人で結成し、デビュー曲「気まぐれONE WAY BOY」がヒットした。

しかし、「『たのきんトリオ』の"ヨッチャン"こと野村義男が・・・」といきなり書かれて理解できるくらいなら最初の見出しで理解できるわけで、 読者の理解度はむしろ二極化したものと思われます。


それはそうと、「ザ・グッバイ」。
たのきんトリオにおける当時のヨッチャンの存在感を考えると、「グッバイ」というバンド名は余りも暗示的。
「野村義男とグッバイ」なのか「野村義男がグッバイ」なのか、全く洒落にならぬ名前を付けたもんだと思っていました。

ただ、上の記事にもあるリーダーの曾我泰久さん(たしか愛称は"ヤッチン")とヨッチャンのツイン・リード・ギターは、ギターを始めたばかりの私と弟の心を掴みました。 グッバイは我々にとって特別なバンドとなったのです。

しかし今回の記事を読んで、私は迂闊なことに「ザ・グッバイ」のシングルレコードを収集し損ねていたことに気付きました。
グッバイが聞きたい!特にあのツインリードギターから始まる曲。なんだっけなー・・・。


こんな時、私の家には、以前御紹介したとおり、居酒屋「魚民」で酔っ払って応募したキャンペーンの当選により獲得した有線放送システムがあるのです!
とりあえず記事にもある「気まぐれONE WAY BOY」をリクエストしてみましょう。

とは言え、リクエスト受付ダイヤルに電話し、担当の女性の方に"ザ・グッバイ"という 今や謎のバンド名を告げるのはどうにも恥ずかしいものがあります。
アーティストと曲名だけを伝えれば良いところを、「あのー、ちょっと昔の曲で、あるかどうか分からないんですけど〜」などと、つい不要なトークなど混ぜてしまいます。
「えーと、ザ・グッバイというバンドの、んー確か、き、気まぐれONE WAY BOY とかいう曲があったと思うんですけど・・・」。
「はい。ザ・グッバイさんですね。お待ち下さい。  はい、ザ・グッバイさんの『気まぐれONE WAY BOY』、Aの85チャンネルで、現在流れている曲から7〜8曲後に お届け致します。」
「あ、そうですか。ありがとうございます。」

顔を紅潮させながらそそくさと電話を切りました。
指定されたチャンネルから流れるのを待つ私。
すると7曲目に、明らかにそれまでと違う、時代遅れなエコー全開の曲が!これは間違いなく「ザ・グッバイ」です。

この「気まぐれONE WAY BOY」、実は私と弟がかつて練習したその曲ではありませんでした。
しかし不思議なことに、このエコー全開サウンドによって自分の記憶力も全開となり、探していた曲名がスラスラと出てきました。
そう、あの曲は「涙のティーン・エイジ・ブルース」でした!


リクエスト時のあの恥ずかしい思いをもう1度しなくてはならないことだけが一瞬私を躊躇させましたが、やむを得ません。
「あのー、ちょっと昔の曲で、あるかどうか分からないんですけど・・・、ザ・グッバイというバンドの、んー確か、な、涙のティーン・エイジ・ブルース、お願いします・・・」。

1日に2度リクエストするとは余程のザ・グッバイ好きだと思われたことでしょう。

しかし懐かしくてカッコ良かったー、涙のティーンエイジブルース。いつかライブで演ろう。



2003.11.22
 テレビジョン


仕事中に、妻・利江さんから「重大情報」というタイトルのメールが。
慌てて開くと
 「テ、テレビが・・・」
という一言だけのメッセージ。

その瞬間、私は全てを悟りました。

先月から不安定な動作を繰り返していた我が家のテレビジョン。(→Click)
最近では電源投入後、早い時では数秒で勝手に電源オフ! それも厄介なことに、リモコンで復活するのではなく、いちいちテレビの背面に回ってコンセントから差し直さなくてはならない不思議な 電源の落ち方で、帰宅後ビールを飲みながら見たりしていても落ち着かないこととこの上ありません。

最初は結構イライラしていたものの、最近はすっかり達観し、ブチッと切れても心乱れることなく淡々と立ち上がり、 テレビの背面に回る日々が流れたのですが、ついに終わりの日が来たようです。

商品名は東芝「ワイド・バズーカ」
考えてみますとテレビが今年から完全に薄型にシフトした中、"バズーカ"という、明らかに十分な「奥行方向の長さ」を前提としたネーミングはなかなか象徴的ですね。
長い間、ありがとう、ワイド・バズーカ。




2003.11.30
 Jリーグ最終節


Jリーグができる前の日本リーグ時代から日産〜横浜F・マリノス好きな私ですが、 昨日のJリーグ最終節はさすがに興奮しました。

こと細かに書き始めると没頭して戻って来られなくなるのでやめますが、4チームに優勝の可能性のある中、 午後2時に同時に試合開始となった横浜−磐田戦と浦和−鹿島戦。しかし試合は双方とも自分の期待とは全く逆方向に展開して前半を終了・・・。
さすがに諦めた私は、先日破壊した自宅のテレビジョンの後任を探すため、ヤマダ電気へ出かけました。

ヤマダ電気に着いたのは試合終了直前の午後3時40分。
内心諦めがついていない私は、入店するなりテレビジョン売場にダッシュ。するとスコアはうって変わって緊迫しており、 雨の中、試合はものすごいことになっています。

既に私の目は店頭でテレビの購入を検討している目ではなく、書店で例えるなら立ち読みをしている状態。
加えてヤマダ電気の店内は、「横浜−磐田戦」を放送しているテレビと「鹿島−浦和戦」を放送しているテレビの位置が 離れ過ぎており、その両方を同時に見るため私の視野は魚眼のごとく広角なものとなっています。

左目が「鹿島−浦和戦」、右目が「横浜−磐田戦」、耳には店員さんからの商品に関する説明が入り、口からはうわごとのような生返事が 出ているという、ホラー映画の登場人物のようになっておりました。

特に最後の5分間は、両試合でロスタイムに点が入った上、片方の終了3秒後に片方が同点となるなど、 余程の動体視力と「理解の瞬発力」を備えていなければ、結局どこが優勝したのかが一瞬分からないほどでした。

あの時の感じを無理に何かに例えるとすると、「赤上げて、白上げないで、赤下げる・・・」とかいう謎の手旗信号ゲーム。
あの混乱が最も近いですね。