2006.2.1
 北海道新聞「まど」−夜のラジオ




北海道新聞の超・長寿コーナー「まど」欄って、一体いつからあるんですかね?
大昔は「窓」と漢字だったような記憶もあるような無いような・・・。

その辺り定かではありませんが、1月10日付「夜のドラマハウスをめぐる夜のドラマ」の出来事を、この「まど」欄が取り上げてくれました。
ある記者の方が、当アワーを読んで関心を寄せてくれ、記事にしてくれたのです。
自分にとって貴重で大切な出来事が、このような形で残るというのは思いもかけないことであり、嬉しいことですね。


「関東在住の星野」さん!
送って頂いた「夜のドラマハウス」は、ドラマハウスに負けないほどドラマチックな展開を見せましたよ!
そして思いがけず多くの方の目に触れることとなりました。
不思議なものですね−。




2006.2.5
 とんでんがへし琴似浪漫


先日御案内させて頂きました、西区民の西区民による芝居・「とんでんがへし琴似浪漫」>>
昨日、全2ステージを終了致しました。

前売は両ステージとも完売(←これも不思議と言えば不思議)し、本番もスリル満点ながら、部分的に力わざに持ち込み、無事終了。
私の一連の「不思議 かつ 新しい体験」は楽しく終わったのでした。
ちなみに劇中歌を収めましたCD(左)も大いに売れましてありがたい限りです。

御覧頂いた皆さん、ありがとうございました。




2006.2.11
 走れコータロー
  
こんにちは。はじめまして。
「走れコータロー」のドブロは石川鷹彦さんが、バンジョーとマンドリンは私が弾いとります。
マンドリンの間奏は決して独創的ではなく、ジョン・ダフィーの真似であります。お許しください。
これは2月9日に「さすらいの旅人」さんから頂いたお便りです。
う〜ん・・・ これまた歴史の一部を作られた方からの書き込みが・・・!

「走れコータロー」と言えば、かつて2chで連載の「駅伝的アルバムレビュー・ブルーグラスタイムス」の記念すべき第1弾として、橋本に渾身のレビューを書かせしめた名曲。(→Click)
折しも先日のライブ「新春アワー」で(予定も脈絡もなく)不用意にイントロを弾いたところ、お客様の思いがけぬ拍手によって1曲弾き切った厚かましい記憶も新しいところです。

あのバンジョーのイントロと、あのマンドリンのソロを共に・・・。
「お許し下さい」とはとんでもない。あのプレイのどこを許すとか許せないなどと申せましょう。

また、あのドブロが石川鷹彦さんだったとは、これまた新たな事実を知りました。
レコードレビューの際も書いた通り、あのドブロのフレーズ、カッコいいとは思っていましたが、さすがですねー。

当時の様子をまた色々とお教え頂きたいものです。
さすらいの旅人さん、ありがとうございました!



2006.2.18
 


突如、とある業務の処理のため、先週月曜日より東京の本省に緊急配備されています。

説明するとややこしいのですが、一応組織に関する重大事への対応で、その必要性自体は理解できないわけではないものの 「悪いが2週間頼む」と命を受けたのは直前の金曜日。 なかなか組織も容赦ありませんね。
上記のとおり2週間という期間限定で命を受けており、今はその条件が不履行とならないよう祈りつつ、目前のコトに当たっています。

今日はちょうど真ん中の日。
特殊な状況下にあるため当アワーの更新もままなりませんが、普段から更新速度が緩いので、さして違和感もありませんね。




2006.2.25
 ゴリラが逃げた!


2週間の東京勤務中、何か面白いことはないかと日々新聞を眺めていた中で、最も心をつかんだのがこの記事。
下は上野動物園の「猛獣脱走対策訓練」の様子を伝える読売新聞の写真、そしてその見出しが標記の「ゴリラが逃げた!」です。

御存知の方がいらっしゃるかどうか分かりませんが、動物園のこの手の訓練は、そのシュールさゆえにマニアなファンも少なからず存在し、サイト検索をかけると実は相当の量で記事や写真がヒットします。

が、しかし。
この写真は少なくとも私の知る限り、そのどれよりも深い魅力に溢れているのではないでしょうか。

手作り感に溢れすぎたこの着ぐるみ。そもそもまるでゴリラに見えません。
また迷い子のような目は、「逃げる」という能動性・積極性とは全く無縁に見えます。

記事によれば、職員が「じわじわとゴリラを追い詰め、最後は麻酔銃と網を使って"捕獲"した」とのこと。
写真はこの「じわじわと追い詰められている」最中の様子と思われます。

そして何より、露出や解像度のせいなのか、はたまた構図のせいなのか、この白黒写真が醸し出す圧倒的にレトロな味わい。
上野動物園開業時の写真だと言われても、私は即座に信じたことでしょう。

私は職場の新聞を見ながらいてもたってもいられず、翌日、この新聞が廃棄されるのを待ってすかさずゴミ箱に向かい、このゴリラを"捕獲"して 帰札したのでした。