2006.3.1
 新しいコンカリーニョのこと



【ほうぼう舎時代から含め、倉庫コンカリ・テント芝居など、一緒に芝居をやった皆さんへ】

1988年にほうぼう舎の時代に見つけた公演場所=JR琴似駅横倉庫は、その後「コンカリーニョ」と名前を変え小劇場活動を続けてきましたが、都市再開発計画のために2003年に取り壊しとなりました。
が、この5月、同じ場所のテナントビルの中に戻って、再オープンします。

その「こけら落とし」の企画として
  「コンカリーニョ・レビュー・ショー〜ほうぼう舎からバレン座、とんでんがへし琴似浪漫まで」
のタイトルで、ハシモトコウ氏作曲のオリジナル劇中歌を中心としたステージを企画しています。
構成演出は、作曲者コウ氏と相談しながら、私:斎藤ちずが担当します。

ついては、歴代出演者・スタッフの方々に是非、ご参集・ご出演いただきたく、お願い致します。
本番は、5/7(日)夕方です。
皆さんお忙しいこと、また遠方にいらっしゃる方も多いことなどから、稽古は出演者とその来られる日時にあわせて、最大3日と考えています。(前日6日はリハーサルとあわせて合宿しますか?)
GWに引っ掛けて札幌に来ようか、などと考えていただけると嬉しいです。
よろしくご検討ください。

初めてあの倉庫を見つけて18年過ぎました。
稽古場で育ったような娘も17歳になりました。

お会いしたいです。
皆さん、唄、覚えていますか?
斎藤ちず


これはNPO法人コンカリーニョの理事長・斎藤ちずが、新・コンカリーニョこけら落としに向けた呼びかけ文です。

そう。そうなのです。
そんな事、いくらなんでもできるわけがないと、当事者でも半分以上がそう思いながら始めた、劇場コンカリーニョの再建活動。
それが、JR琴似駅横の高層マンション「ザ・サッポロタワー琴似」の商業棟2階に、とうとう完成を迎えるのです。

その足跡をここで振り返り始めると、記念誌発行事業のような大作業になるのでここではひとまずやめておきましょう。
また課題や障害はまだまだ山のように残されています。お金も引き続き必要です。
しかし、ともかく、できるのです。


こけら落としは5月7日(日)。
そしてオープニングイベントとして、上記の「コンカリーニョ・レビューショー」を開催の運びとなりました。
上記はその呼び掛け文です。


というわけで、当アワー御覧の歴代関係者の皆さん!
皆さんと芝居との関わりについては、私の果てしなく地味な過去の資料発掘作業により、既に当アワー4chのクレジットとしてキッチリ 調べがついています。
勿論こちらからも追って一斉に御案内を差し上げますが、5月7日(日)に参加可能という方は、速やかに御連絡を頂きますようお待ち申し上げております。


そしてかつてのJR琴似駅横倉庫時代から今日に至るまで、芝居、音楽、ダンス等々を見に来て下さり、また劇場再建活動を温かく見守って下さった皆さん。
どうにかオープンの運びとなりました。色々と支えて頂き、本当にありがとうございます。

5月7日(日)はGWの最終日です。是非お越し下さい。
これから2ヶ月、当アワーもオープン直前PR強化月間であります。




2006.3.12
 業界ナンバー1を狙え!


先日の「2week緊急配備」以降も何かと出張で東京に行く機会が多いのですが、既に春めいて暖かく、こればかりは羨ましくなります。
しかし時期を同じくして花粉がやりたい放題に飛散しており、こればかりは許せません。


そんなある日、地下鉄有楽町線に乗っていましたら、目の前に【起業道】なるプレイステーションのゲームソフトの広告が。

私自身ゲームの類はやらないので普段なら特に目も留めないのですが、妙にバブリーな宣伝文句群の雰囲気が結構おかしく、しばしニヤニヤしながら眺めていました。

−がしかし、広告下段に居並ぶゲームの登場人物と思しき方々(右図・HPより転載→)と、そこに掲げられた
 【信頼できる人と裏切る人を見分けられますか?】
という一文に、私も車内で驚愕しました。

「見分けられますか?」って、この中に「信頼できる人」が存在しているのでしょうか??

自分の「油断レベル」を相当落としたとしてもこの人達を「信頼できる」と呼ぶのはかなり難しいように思います。
中央上段の方が主人公のようで、確かにこの中では最もまともそうですが、その他の人達の胡散臭さと言ったら、さしずめ「全日本裏切り顔コレクション」といった様相を呈しています。


この広告を見る人の中には4月に入社を迎える方々も多くいると思われますが、最初の職場がこんな危険な人相の人達ばかりだったらと、 早速入社拒否のような症状を来す人もいるかもしれません。
転じて「早く独立して起業しなければ・・・」という不安を誘導しているなら、それはそれで深いなとも思いつつ、地下鉄でしばしこの怪しい人達と 向かい合っていた私です。




2006.3.19
 伶の叫び


 「こー!」
夜中に突然、長男・伶が大声で叫び、私は驚いて飛び起きました。

1歳の彼は、現在、基本的な意思表示を全て「これ」という一言で処理しています。
しかも「これ」の「れ」を未だ発音できないため、1日中、人差し指で何かを示しつつ「こー」と言いながら生活しているのです。

勿論それはそれで可愛いのですが、食事の時などは、食べたいものを指差しながら「こー!こー!こー!こー!」と騒ぎ続けるので、それはもう、うるさいなんてもんじゃありません。


で冒頭の叫びですが、何が起きたかと灯りをつけると、伶はスヤスヤ寝ています。
要はただの寝言だったようで、(当たり前と言えば当たり前ですが)寝言もそれかよと呆れました。




2006.3.22
 CM作成−人情あったか滝川じん丼


 ♪「人情 あったか 滝川じん丼」

北海道滝川市のまちづくり関係の方から、突如、CMソング制作の依頼がありました。
商品は、滝川市の名物・ジンギスカン丼、通称「じん丼」です。

具体的には「ジングル」と呼ばれるCM最後の部分の音楽制作で、ちょうど先月、2週間の東京勤務の真っ最中に発注を受けました。
とりあえず与えられているのは上の歌詞だけ。
で、土曜日に慌てて一旦帰札し、曲を作り、楽器を弾き、歌を吹き込んで、納品したのです。

構成等には一切関わっておりませんが、このたび現地でプロモーション・フィルムを撮影し、エンディングの15秒に音楽をかぶせて、完成の運びとなった模様。
フィルム最後のクレジットに氏名掲載のお申し出も受けましたが、さすがにそれは丁重にお断りし、完成を待っていましたら・・・
本日、送られて来ました来ました。

  □「滝川じん丼」プロモーション・フィルム (→Jingle)

JR滝川駅や周辺の道の駅、市内のジンギスカン屋さんで放映するんですって。その企画が面白いですねー。
春の観光シーズン、道央で耳にされました際は、「お!あれは!」とご注耳下さい。