2007.1.4
 


昔って、デパートの「初売り」って、いつでしたっけ?

新聞広告に「3日初売り」なんて出ると、「おーっ、早い!さすがデパート!」と、田舎風味満点の感想を抱いていたように思うのですが、 今や年中無休・天下無敵のコンビニエンスストアがあるので、ありがたやありがたや・・・という感も薄れますね。

さて、職業柄、3日まで休ませて頂いた私。
7日のライブを成功させるため、この年末年始で火の玉にようにギターを弾き込むつもりでいたのですが、「年末年始」ってやっぱり何かと忙しいもんですね。
火の玉どころかタダの種火で、本格点火することなくプスプスとくすぶっていた私。
しかし年始休暇の最後=3日の夜、時間を作って私は1人、コンカリーニョシアターへと向かいました。


ガチャリと鍵を開け、中に入ると、真っ暗な劇場に独特のヒンヤリした空気。
照明をつけると、水銀灯がゆっくりと明るくなって行きます。
かつて琴似駅横の古い倉庫が自分達の劇場だった頃と同じで、こうした空間の中に溶け込んでいく瞬間は幸せを感じるもんです。

それから数時間、私は殆ど狂ったように弾きました。
隣のセブンイレブンでお弁当を購入し、ビールを飲みながら、それはそれは弾きました。
気がつくと日付も変わっており、ようやく気がすんで先ほど帰宅したのでした。

7日は、良いライブにします!
楽しんでもらえるよう、張り切って弾きます。自分も楽しみます。

では皆様、2007年も当アワーを御贔屓に。




2007.1.8
 満員御礼・ハシモトコウ新春アワー


今日の北海道新聞1面見出しは、ズバリ「道内大荒れ」。
大晦日〜元旦を含み、足かけ2年、あれほどまでに穏やかな日々が続いていたのに何故・・・。

「中山峠が越えられない!」とメールしてきて下さった方、飛行機が遅れに遅れて名古屋から終演後に到着した方・・・。
大変な目に遭われた皆さま、本当にお疲れさまでした。

そして、250人のお客様に30分間でスムーズに御入場頂くには、橋本の考えが甘すぎました。
劇場から延々と列が伸びてしまい、今だ100人もお入り頂いていないのに開演まで10分を切り、当アワー最大のピンチ!
結局、「とにかく一旦入場→休憩時間に自己申告によりお支払い」という方法にスイッチし、一気に御入場頂いたのでした。

お名前さえ確認しないまま受付をスルーパスしているので、いわゆる「取りっぱぐれ」の可能性もあるわけですが、結果的に 御入場者数見合いの総入場料収入となり、皆さんのご協力と誠意に心から感謝する次第です。

しかし、災難とトラブルはここまで。
開演以降は、温かいお客様に見守られ、温かいスタッフに支えられ、本当に楽しく演奏することができました。
何がどうとか、とても一言では言えません。
幸せな時間でした。心から御礼を申し上げます。

来年は1月13日(日)開催予定。本年同様翌日は祝日ですから、心おきなく打ち上げで飲むことができます。

ちなみに私は朝の5時に、頂いたたくさんの花束を抱えて帰宅しましたが、引き続き天候は最悪。
しかし暴風は花束に帆の役割を、ツルツル路面は道路に水面の役割を与え、私はまるでウィンドサーフィンでもしているか のように、自然の力で自動的に家に到着したのでした。




2007.1.14
 ベム


この1週間、長女・桜(5歳)がやたらと
「ねえねえお父さん、このうた何だと思う?」
と聞いてきます。

「え、なに?どれどれ」

 「いいかい?行くよ。 やみいかうれていいる〜」

全く意味不明ですが、その旋律は明らかに妖怪人間ベム!

先日のライブで御披露した、2008年橋本ソロギターの新作「妖怪人間ベム」。>>
その演奏の際に、背後のスクリーンに1枚の画像(→)を大写しで投影したため、強く桜の印象に残ったようです。

そして不思議そうに、
「お父さん、どうしてあんな絵描いたの?」
と聞いてきます。

描いたのはお父さんじゃないと何度も説明しているのですが、しばらくすると、また同じ事を聞いてくるのです。


「初めて見て聞いたのに5歳の子供の印象に残るんだから、やっぱりベムの完成度は高いよなー。」
−そう思いながら改めて絵を見ましたが、完成度が高いとか低いとか以前に、こんな恐い絵は一度見たら簡単に忘れられるはずがないですね。




2007.1.20
 Washington,D.C.


誠に唐突ですが、本日からとある会議出席のため米国へ発ち、ワシントンDCに1週間滞在します。

昨年暮れに急きょ派遣が決定したのですが、その時点で既に渡米一ヶ月前を切っていたので、公用旅券やビザの取得 (なぜか公務で入国の場合にビザが必要)などで、 てんやわんやでありました。

1月7日(日)に怒濤の「新春アワー」が終了した後、「脱力してるでしょ」とか「抜け殻になってない?」などと聞かれることも多かった私。
しかし現実には終了直後から渡米の準備で結構テンパってまして、ライブを思い起こしている暇が全然ありませんでした。

但しそれは結構幸せなことでもありまして、うっかり時間に余裕などできちゃうと、遠い目で過去の想い出にひたってしまう場合も多いので、遠い目ではなく三角形の目で血走っているくらいのほうが 良いと言えましょう。

* * *

とか何とか言いながら、準備も遅々として進まず、現在は朝の4時。
5時過ぎのJRで千歳空港に行かねばならないので、これは完全徹夜での渡米となりそうです。

本日以降、当アワーはワシントンDCよりお伝えする予定ですが、ネット接続の不調等があれば、この限りではありません。
さっぱり更新されない場合は、橋本は今頃どこかでピンチに陥っているのだなと御理解下さい。




2007.1.20
 機中報


現在飛行している地点の現在時刻は20日の午前1時。
と言っても機内からインターネットしているわけでは勿論なく、単にこの時間にパソコンを開いて入力しているだけですので念のため。

成田を発って約7時間。
その間、物を食べたり、飲んだり、寝たり、ビデオを見たり、音楽を聴いたりと、行動の種類には多少変化があっても、変わることなく同じ場所にずーっと座っちゃってる私。

機内のビデオプログラムにある、飛行機の現在位置やスピード・高さ・目的までの距離などを知らせる「飛行状況」のヤツを、先ほどからずーっと眺めています。
この画面、飛行機によっては、戦時中の大本営発表みたいな地形図や字体等が使われていることもあって、そのレトロ感に目が離せません。

しかし結構衝撃なのは、7時間も全力で移動しているのに、移動している機体のポイント表示がまだアメリカの国土にさえ差し掛かっていないこと。
自分はまだ太平洋すら渡れていなかったのかと、ちっぽけな自分に驚くと共に、よくある「太平洋単独ヨット横断」といった冒険家の人たち、今まで関心を持ったことなど全くなかったのですが、あの人達が何だか偉く思えてきました。




2007.1.20
 到着!Washington,DC


その後も飛行機は頑張り続け、20日の午前9時に、無事到着しました。
現在は20日の午後10時です。

20日の午前11時に日本を発って、12時間以上も経つのに、逆に時間は戻って同じ日の午前9時。
そしてようやく今が午後10時ですから、(時差とはそういうものだとは言え)「私は一体何時間"1月20日"という日を生きれば良いのだろう」と戸惑うと共に、そう言えば昔「親父の一番長い日」という歌があったなという、どうでも良いことまで思い出しました。

「親父の一番長い日」とはさだまさしさんの曲で、勿論 時差 をテーマにした歌であるはずもありません。
しかし、単に時差で1日が長い−というだけの内容の歌を作ったら それはそれで面白いなと、やや創造的に考えが発展し、満足したので寝ることにしました。
おやすみなさい。




2007.1.21
 大ピンチ!Washington,DC


やはり1日約40時間は長すぎたのか、昨日の深夜から本日にかけ、高熱と激しい嘔吐を繰り返し、別の意味で一番長い日となりました。
ちょうど日本を発つその前日夜から 長男・伶(2歳)が嘔吐を繰り返したため、その看病をしつつ準備をし 心配しながら出てきたのですが、ウィルスは私の体内に移動し、ちなみに伶は完治したようです。

今日、日曜日は会議への参加登録等の日でしたが、一旦パスし、ずーっとベッドの中で苦闘していました。
今は午後9時ですが、ようやく少し回復に向かっているような気がします。

もう1晩おとなしく寝ていれば、伶のように完治するはずです。
というわけで、今日の日はさようなら。




2007.1.22
 大雪!Washington,DC


大げさなタイトルを続けすぎると東スポのようになって、コトの真偽を疑われるため注意が必要です。
実際は「大雪」というほど大したものでは全然なかったのですが、東京以南のようにちょっと降ると大ゴトになるのか、朝からニュースでは渋滞や事故の情報が頻繁に放送されていました。

そうした寒さの中、目覚めた私。
昨日限界まで吐いたので、さすがに吐き気という感覚はなく、スッキリです。
鏡を見ると、ムンクの叫びのような顔になっています。


しかし今回は異国とは言え、同行の同僚など色々と頼れる人がいて助かっています。

当アワーのbbsにごく稀に登場する「アメリカから」さん。
たまに書き込んできたと思えば、ガッツ星人の話だったり妖怪人間ベムの3本指の話だったりと、単なる怪しい日系米国人のように思われている節もあろうかと思いますが、彼は在米日本大使館の非常に枢要なポストにいる方であります。
橋本が 国土交通本省勤務時代に対立的関係にあった課の課長補佐同士で、それはそれは激しくやり合ったりもしたものですが、正に「それはそれ、これはこれ」で、ある程度主業務を終えると(当時は既に午前1時とか2時)互いの冷蔵庫のビールを飲んで、早く帰れば良いものを、引き続き下らない話に時間を費やしたものでした。

昨晩、数年ぶりに再開してめくるめくようなワシントンの夜をプロデュースして頂く予定だったところ、橋本が病に倒れたために叶いませんでしたが、代わりに大使館の医療施設の案内やら緊急の連絡先やらをメールしてくれ、ありがたい限りでした。
やはり持つべきものは友人(彼は先輩ですが)だと、つくづく思います。


さて出張目的である会議は、今日から事実上のスタートです。
会場は地下鉄で2駅離れた所にあるホテル内ですが、ホテルと言ったって、日本じゃコンベンションセンターだってこんな規模はそうないだろうという大きさです。
そこに一説では7〜8千人くらいの研究者・技術者が集まって、最新の知見を発表し、情報を交換しあうわけです。

そこにムンクの「叫び」のような顔をして行くわけですが、おなかの中に入っているものが何もないため、新たにエネルギーを生み出すことは当然不可能。惰性で動いている人形に近いと言えましょう。
案の定、じきにエネルギーの貯蓄もなくなるため、ロビー等を利用してムンク顔で休息を交えながら、1日のプログラムをどうにか終えたのです。



会議も本格的に始まったし、そろそろワシントンDCらしい写真でも1枚、と思ったのですが、どうも今日はそういう画像ではないような気がして、パケット通信料の高さもかえりみず、右の彼の画像をウェブから1枚ダウンロードしてきてしまいました。

客観的に見て思いましたが、こういう表情の人が国際会議にいたら、嫌ですね。




2007.1.23
 平穏!Washington,DC


気温は相変わらず低いとは言え、雪も風もなく、そして無用な事件もない、実に穏やかな一日でした。
私のムンク顔も、平常時の顔に戻りました。
ただ私の場合、元々がムンクの叫びの顔に比較的似ているという話もあり(事実、第3者から同様の指摘を受けたこともある)、世の中的に見れば、さほど変わらない人が今日も会議にやってきた、ということかも知れません。

以前も御披露したとおり、私は昔から口が大きかったために中学2年生の時のあだ名は「クチ」と、人体の部位名がそのままニックネームになるという珍しい体験をしています。→Click!! 2000.1.8「オバQ」

さすがに40を過ぎ、公務員になってまで役所でクチ(もしくはクチさん等)と呼ばれることはありません。
また上記リンクページの頃と違ってオバケのQ太郎氏も過去の人なので、オバQ(もしくはオバQさん)と呼ばれることも今や殆どないのですが、現役の"クチが大きい有名人"という点で、誠に分不相応ながらミック・ジャガーさんに似ていると言われることがたまにあります。

Like a Rolling Stones !! (←Music Sceneにおいては顔が似ていることを意味するフレーズじゃありませんので念のため)
ミック・ジャガーさんに似ていると言ってもらえるなら、この際理由は何でも良いですね。
同様に、これだけインパクトのあるムンク顔に似ていると言われると、これはこれで一応貴重ではあります。

*

さて今日は、会議の最後のセッションが午後10時30分頃まで続き、ようやく11時過ぎに部屋に戻ったため、もう日付が変わってしまう時間です。
わざわざ異国の地でムンクの顔を2晩に渡って掘り下げるつもりなど毛頭なかったのですが、流れというものがありますから仕方ありませんね。




2007.1.24
 音楽!Washington,DC


地下鉄駅構内をエスカレーターで上っていると、上のほうから何やらエレキギターの音が聞こえます。
さすがアメリカという感じで、別にNewYork、Chicago、L.A.等に限らず、上質な音楽は常に身近にあることを感じさせますね。
特にストリートミュージシャンは、アメリカのミュージックシーンの層の厚さの象徴でもあり、耳にできたのは幸運と言えましょう。

エフェクター等で加工されていない生々しいこの音質は、やはり黒人が歌い弾くブルースか− と勝手に興奮しながらエスカレータが上りきるのを待ちます。
のですが、かなり接近してきたあたりから、そのギターが決してハイレベルではない、いや端的に言うと超ローレベルであることが明らかになってきて私は動揺しました。

こ、このサウンドは・・・。

エスカレーターは最上部まで上がり、真相を探るべく私は踊り場の音源地帯を探します。
すると、黒いウィンドブレーカーを着て黒いストラトキャスター(という名前のギター)を持った黒人のオッサンが、ものすごくたどたどしくギターを弾き、その横のマイクで、買い物袋を手に持った通りがかりと思われる黒人女性が、適当な歌を歌っています。

うーん、この図は・・・。
少なくとも私のストリートミュージックinアメリカに対するステレオタイプのイメージからは、余りにもかけ離れています。

一般的な基準からするととても人前で弾くような腕前でないことは、本人も自覚していないはずがありません。
C、G、Am、Em・・・と、1つ1つ、ゆっくり押さえながら弾いているのです。


私が注目したいのは、なのに大音量であるという点。
大音量といってもハタ迷惑なほどデカイわけではないのですが、下手だから遠慮しているという音量では全くないのです。

このたどたどしさと弾いているコードの種類やその進行から察するに、最近ギターを始め、ようやく少し早く弾けるようになった段階と思われます。
しかし楽しそうに弾いているので、買い物帰りの女性もなぜか参加しちゃっているのです。

勿論、通りすがりの人達は誰1人その足など止めていません。
音楽が、それを奏でたい人達によって生み出され、流れている、ということだけ。

今日は今一つ気持ちが晴れない状態だったのですが、このシーン。私にとっての効果はてきめんでした。
私は殆ど旅先で写真というものを撮らないのですが、あの図だけは撮っておきたかったなあ。




2007.1.25-26
 終了!Washington,DC


全行程を終了し、現在は26日の午前2時。夜が明けたらホテルをチェックアウトし、11時の飛行機でダレス空港から成田までのフライトです。
長い長いと言ったって往路はまだ良くて、復路はアゲンストの風を受けるためにさらに時間を要して14時間を要するとのこと。

しかも26日の午前中に飛行機に乗り、14時間経って日本に着いたら とっくに26日は終わっていて、翌27日の夕刻午後4時近く。新千歳に着いたら夜8時です。
私の1月26・27日はこんなに短く はかないのですね。

*

ところで今回の旅は、初日に大アクシデントがあったために一貫して大して食欲がわかず、非常に粗食、日によっては無食、という1週間でした。
大使館勤務の「アメリカから」さんと会うことができ、ジョージタウンの感じの良いお店で美味しい料理を食べたのが唯一のディナー。
アメリカからさん、ありがとう。


14時間のフライトですから、せめて半分の7時間は睡眠していないと退屈で気絶してしまうかもしれません。
無論、気絶できればそれも睡眠時間としてカウントできますからむしろ幸運なのですが、人間、座っているだけで気絶するのは正直相当困難です。
できるだけ寝られるよう、往路出発の日同様、やはり徹夜での搭乗を目標にしつつ支度しています。


現在の日本時間は金曜日の夕刻。
そういえば今日は、課の部下であるエッグ上田君(←日本人)の、人生を決めるやも知れぬ ある重要な行事が決行される日でした。
中西と生田目という優秀な女性指導者にエッグ君の育成を託してきたのですが、最後は本人次第。ファイトだエッグ!


では、ここワシントンDCから、さようなら。




2007.1.27
 到着!恋の町札幌


帰ってきました。
Washington,DCから成田に到着し、乗り継ぎ待ちの2時間の間、「札幌便は雪のため着陸を断念して羽田空港へ向かう可能性があります」というアナウンスが繰り返されています。
「これで本当に羽田に引き返すことになったら暴れるしかないな・・・」と、疲れのため危険な精神状態となっていましたが、結局事なきを得、夜、新千歳に着陸しました。

取りあえず暗くて寒〜い職場に戻って後片付けをし、帰宅したのでした。

色々な方々にサポートして頂きながら終えた1週間であり、勝手に体調を壊した以外はとても有意義でした。
お世話になった皆さん、ありがとうございました。