2007.5.5
 御祓い


1、2、3月と連続して取り憑き、私の健康をむしばんでいた悪霊。
しかし私はついに4月を無事に乗り切ったのです。
悪霊 is gone!

その代わりと言っては何ですが、4月に異動して現在のポストに来てからというもの、重大事件が不自然なほど連続して勃発し、最近は上司と共に御祓いに行くことを真剣に検討しています。

そこで御祓いについて詳しく知るべく、「御祓い」と入力してインターネットで検索してみたのですが−。
ヒットしたページを見て私はゴクリと唾を飲みました。

ページを開くなりいきなり大仏様がこちらを見ていたり、理解不能な記号がページの背景を埋め尽くしていたりと、これでもかと広がるオリエンタルな精神世界。
ページを開いては、その都度怖くなって「戻る」のボタンを押す−という繰り返しでした。

不気味なページ達をここで具体的に特定すると、再び私の身に災難が降りかからないとも限りませんので、どうか御自分で「御祓い」と入力・検索してみましょう。
勿論、普通のページもありますが、トップページを見るだけで「これが橋本の言っていたページか・・・」とすぐ理解して頂けるようなページが目白押しです。


というわけで今回の調査では、普通の辞書にて「御祓い」を調べるにとどめたのですが−
これですと
「厄災を除くために神社などで行う行事」
といった程度の説明しかなく、具体的にどこでどんなことをしちゃうのか分かりません。

やはりもう少し勇気を出して、あの怖いページ達を熟読しなければいけないのですね。




2007.5.19
 ウナギイヌ


今日の毎日新聞Webに、以下の見出しが泳いでいるのを発見しました。
【ウナギイヌが浜松市のマスコットに】
ウナギイヌ!

赤塚不二夫さん世代の私達にとって、その赤塚キャラクターのどれを好むかは勿論人による訳ですが、誰が何と言おうと私はウナギイヌです。

父が犬、母がウナギ、という、それ自体がまったく無意味な設定。
しかも、体がイヌで、しっぽがウナギというのは分かるとしても、肝心の顔が一体どちらのそれなのかが不明です。

これほど特徴ある生き物なのに、赤塚漫画の中では普通の部類に入るため、ごく自然に街などを歩いているウナギイヌ。


ともかく記事を読み進めましょう。
父が犬、母がウナギという架空の生物のウナギイヌは、同市の浜名湖出身という設定。
浜松市は18日、赤塚不二夫さんの人気漫画「天才バカボン」に登場する「ウナギイヌ」を市のマスコットキャラクターに採用した。名刺や広報誌などで使う。
うらやましい・・・。
自分の名刺にウナギイヌをプリントできる喜びを思うと、強力に配置転換を希望し、国交省から浜松市職員に転身したくなるほどです。


そもそも私は浜松市の銘菓=うなぎパイの魅力について、かねてより深い考察を試み、うなぎパイキーホルダーまで所有しているほど。>>
ミュージシャンのはしくれとしては、楽器の街という認識が最初に来るべきであるところですが、そのことすら今ようやく思い出したくらいです。
恐るべし、浜松市。

漫画の連載が始まった67年は、県内のウナギ生産量がピークだった時期。
今は当時の1割程度に落ち込んでおり、ウナギイヌに寄せる期待はまさに「うなぎ登り」。【竹地広憲】
「うなぎ登り」というベタなシャレを、わざわざカギカッコまで付けて使用すべきだったでしょうか・・・。
しかし(この駄洒落の評価を脇に置いても)、この記事は実に意義深く、竹地記者の着眼点に心から経緯を表する次第です。