2008.7.7
 赤城乳業


今日から北海道洞爺湖サミット。
私達「道路を守る部隊」も、24時間体制で対応に当たっています。
モニター画面を見ながら、「○○国、○○時○○分に、○○市を通過!」といった、ウルトラ警備隊のようなやり取りが続いています。

*

ところで、ムシ暑いですね。
自分は、隣の課が主催する「アイス倶楽部」(会費制)なるものに入会させて頂いており、耐えられない時は冷蔵庫に貯蔵されたアイスを食べて、しのいでいます。

「アイス倶楽部」のラインナップは基本的に課の若手=芳賀君のセンスに委ねられているのですが、時に、あり得ない商品が混入しており驚きます。

というか、そもそも「アイス業界」というのは競争原理が働いているのかいないのか、大手メーカーならずとも、意外と絶滅せずに生き残っているような気がします。

今日の在庫は
 フタバというメーカーの「栗もなか」
 赤城というメーカーの「ブラックチョコ」
 そしてセンタンというメーカーの「抹茶金時」。

「センタン」に至っては、一体何のメーカーなのか、どういう漢字を当てるのかすら、思い浮かびません。


ついでに思い出しましたが、昨日乗った地下鉄車内には、この赤城乳業の「ガツンとみかん」なるアイスの10周年の吊り広告がありました。
最近のCMでは 「○○○」→「検索」という記載で、自社HPへと誘導する欄が定番となっていますよね。
しかしこの「ガツンとみかん」は、この入力部分に「ガツみか10周年」と入力することになっており、こんなに複雑で覚えにくいフレーズの入力を求めてくる会社も珍しいなと、妙に感心しました。

赤城乳業は御存知「ガリガリ君」の会社ですが、あの毒々しいタッチのイラストを配した商品がなぜ受け入れられているのか、私には皆目分かりません。

ちなみに赤城乳業のHPに入り込みますと、トップページ中央やや下に「季節の新商品」というアイコンが。
そこでせめて夏の新商品でも見てみようかとクリックすると、「新商品は準備中です」というただの活字のページが現れるだけで、 赤城乳業にはとことんヤラれました。




2008.7.17
 納涼アワー


明後日はいよいよライブ「ハシモトコウ納涼アワー」!
これに呼応するように、あんなに暑かった気温がぐんぐん下がり始め、「納涼感」が台無しです。
さすが毎年暴風雨に見舞われる新春アワーの夏版。天気に恵まれたことがありません。

メンバーに支給する浴衣は、ユニクロで購入しました。
3980円。
皆さんも、ユニクロだろうが100円均一だろうが、何でも良いので購入し、浴衣での御来場下さい。




2008.7.19
 ギタリスト橋本さん


昨日、稽古のため劇場に行きましたら、コンカリーニョの斉藤理事長がニヤニヤして「ギタリスト橋本さん」などと不審な呼び名で声を掛けてきます。
事前の取材もなかったので自分も全く知らなかったのですが、取り上げて頂いてありがたいですね。

それはそれとしまして、私はこの「ギタリスト橋本さん」という表記が大いに気に入りました。

芸名なりステージネームというのがあるとすれば、私の場合は「ハシモトコウ」ということになろうかと思いますが、それとも違います。
そのままフルネームで「ギタリスト橋本幸さん」なら、一応「それなりの人」に見える感じがします。

しかし「ギタリスト橋本さん」となると、橋本というどこにでもある姓とも相俟って人物が定まらず、「一体誰?」という感じが強力に増しています。

本日お越し下さる皆さんは、正確に「ギタリスト橋本さん」とお呼び下さい。




2008.7.21
 終了・納涼アワー


これは、打ち上げが終了した午前5時の写真です。
外が明るくなってきているのが、ケータイで撮ったこんな写真でも何となく分かります。


それにしてもお客様に浴衣での御来場をお奨めさせて頂いたのは、妙案でした。
ステージから見た客席の様子は、最高に素敵でした。


ただ、場内はやっぱり狭くて席の確保が難しかったですね。本当に申し訳ありません。
劇場スペースの外にも椅子を並べさせては頂きましたが、見やすいと言えるようなものではなかったかと思います。


と課題もあったものの、初めて試みた納涼アワー、本当に楽しく演奏することができました。
お越し頂いた皆様、心から感謝申し上げます。