2010.10.5
 ポロクルソングとマルゴノート


不思議な経緯を経て、自分がイメージソングを作ることとなった札幌都心部のサイクルシェアリングの試み「ポロクル」は、9月末をもって無事終了しました。
ポート(駐輪施設)の撤去作業等が夜を徹して行われたようです。関係者の皆様、本当にお疲れさまでした。

ポロクルソングサイト(→porocle_song)にも、ポロクルのHPや自転車をデザインされた南雲勝志さんのサイト経由の方も含め、多くの方々にお越し下さいました。ありがとうございます。

曲がCD化されました。
ご希望があればご用命下さい。(→mail@koh-h.tv)

* * * * *


さて、愛用しているツバメノート社の大学ノートを使い終えたので、また大学ノートを購入しました。
「書き味」や「使い易さ」というよりは、「大学ノート」と未だに呼ばれているという点や味わい深いデザインなど、本質と関わりのない部分が自分の関心を占有し、今も使用しています。
大学ノートなど今や普通のお店にはそうそうラインナップされていませんが、その点東京北区赤羽に住んでいる私の場合、古いにもほどがある桐ヶ丘商店街内の文房具店「長浜商店」があるので、心配ご無用です。

ところで、ツバメノート社の製品の魅力については以前このHPでも述べたところですが、今回は「マルゴノート」というノートに新しく出会い購入しました。
マルゴノート。
不勉強にも私には初顔合わせであったため、現代人らしく「マルゴノート」とPCに入力して検索を試みるのですが、どういうわけかマルゴノート社のHPに辿り着きません。

その代わりと言っては何ですが、「大学ノート」という、大学ノート好きの方の大学ノート好きの方による大学ノート好きの方のためと思われる素晴らしいサイトがヒットしました。
見ると貴重な情報満載。そして当該サイトで、マルゴノートはツバメノートより先に「老舗メーカー」として紹介されていました。
大学ノート一筋の会社です。
ロゴは「マルの中にに五」の文字が入ったものです。
「MADE IN JAPAN」ではなく「MADE IN TOKYO」と印刷されています。
サイズにより表紙のデザインが違います。
(ホームページがありません)

「大学ノート一筋」という迫力の前に、そもそも言葉もありません。
そして記述されている通り、○の中に五という呉服店のようなマークや、「MADE IN TOKYO」など、細部にわたって見逃せないのです。

しかしマルゴノートの孤高の魅力は、この時代にあって「ホームページがありません」という事実にとどめを刺しましょう。
そう。 そんなチャラチャラしたツールなどに頼らずとも、国民の口頭伝承によってマルゴノートの存在は確実に認知されていくという、揺るぎない自信の現れですね。
この軽い時代、気骨溢れるマルゴノートを見習っていれば、針路に迷うことはなさそうです。

と思っていたところ、説明文のつづきに
 同社は現在では、(株)アルファファイブとなっています。
というショッキングな記述が!! なぜそんなライトテイストの名前に・・・。
これにより自分の作り上げた「硬派の老骨」というイメージは崩壊しました。

このように、思い込みが過ぎると自業自得的な失望につながることがありますので気を付けましょう。




2010.10.11
 ムーミンとスナフキン


経緯あって"wowwow"を試験的に契約することに。
ほどなく番組表の冊子が届き、中を見るとさすがに多様なプログラム。その中にムーミンの映画の放映予定があるのを子供達に発見され、強い要望・圧力を受けて録画しました。
少なくともムーミンを録画するために契約したわけではないのですが、この際やむを得ません。

ちなみにムーミンと言っても日本のテレビアニメ版ではなく、母国フィンランドで制作された映画版だったのですが、明らかに不要と思えるようなキャラが随所に登場するなど不可解な点も多く、なかなか混沌とした世界で驚きました。
そもそもトーベ・ヤンソンさんの原作自体がそういう世界であるとのことですが、十分思い知らされ大変勉強になりました。

ところで、それはそれとして自分にとっての副次的な効果は、これを機会としてYouTubeで検索して昔のムーミンのアニメ版を見たことです。
wowwowを契約してYouTubeに効果を求めるというのも壮大に無駄な感じがしますが、訳あってムーミンを見たことがなかった自分にとっては、これが事実上の初ムーミン。
加えて当アワー的には3chの「スナフキンのギター」が、自分自身それを聞いたことがないという理由で未完に終わっており、それを考えても、計り知れぬ意義です。

*

さて、YouTubeを検索してヒットした映像は、どうやらムーミンとスナフキンが初めて出会った場面のようです。
どこから来たのと聞かれて「あっちさ」と答え、どこへ行くのと聞かれて「こっちさ」と答えるスナフキンさん。
君の国はどこ?という問いに対しては「強いて言えば地球かな」と答えており、スナフキンさん、かなり危険な男であることが確認できました。

そして私はついに、スナフキンさんの弾いているギターを生で(?)聞きました。
しかも、これまで曲調を人づてに聞きながら何となく全体像をイメージさせていただいていた私にとって、一点、極めて重要な発見がありました。

それはサビの後半、メロディがAマイナーを思わせる動きをしている中で、コードはAメジャーを弾いていること(下譜面・オレンジ色のストローク部)。
違いは2弦が1フレットか2フレットかだけで、それも明確に聞き取れないような音量なのですが、これがメチャクチャ効いています。
ただし番組中に挿入される他のバージョンでは全て普通にAマイナーで伴奏されているようですので、もしかするとこの「出会いの回」のみの貴重なバージョンなのかもしれません。

 ▽続・ムーミンとスナフキンへ>>





2010.10.17
 続・ムーミンとスナフキン


YouTubeの音声から聞こえて来る、スナフキンさんの歌声。
しかしその歌声は、およそ青少年とは思えぬ恐ろしい年期の入り具合です。
決してまだ長くない人生の中で、一体何に巻き込まれるとこの域に達するのでしょうか。

ちなみにムーミンが「こんにちは」と挨拶した22秒〜26秒までの無音も無論放送事故などではなく、「こんにちは」と呼ばれて一瞬弾く手が止まるものの振り向きもせず再びギターを弾き出す−というスナフキンさんの無愛想な性格の表現を補強する「間」であります。

先日書いたAメジャーのコードは、13秒「その訳を〜」のバックに一瞬聞こえます。
なお以前掲示板にこの曲のリクエストをいただいた際、「3フィンガーピッキングで」弾いている旨を書いて下さっていましたが、この日の映像記録で聴く限りは、親指でメロディを弾き、メロディとメロディの間を人差指or中指でストロークする、バンジョーの"クロウハンマースタイル"のような弾き方で弾いているようです。

そしてこの「おさびし山」を弾くにあたり、再び活躍したのは私のギター1号機 「小5の時に拾ったギター」です。>>
ギターで何かしら"うらぶれた味わい"を出したい場合、「捨てられていた」というこのギターの"生い立ち"が無形の説得力となって、私の音楽を強力にサポートしてくれるのですね。

ではスナフキンさんの「おさびし山の歌」を弾き、そしてあの声で歌いましょう!!







2010.10.24
 友達の日


昨年急逝した友人でミュージシャンの清水穂高さんの一周忌でした。
残念ながら自分は行けませんでしたが、ボーカリストの玉川健一郎が、お骨の納まったお墓と、お墓の横に飾られた清水さんの遺影の写真を送ってくれました。
日差しが当たって、清水さんは気持ちよさそうに見えます。

どういう巡り合わせか同じ日、同じように中学1年生の一人息子を残して3月に病気で亡くなった学生時代の芝居仲間・西村君の奥様が名古屋から上京され、 彼を偲んで飲みました。

これまた行けませんでしたが、札幌では高校時代の友人達の集まりがありました。

そんなわけで10月末は、友達の日でした。


その友達の一人、上記の玉川健一郎のツアーのお知らせです。
今年の年明けはライブ・ハシモトコウアワーもありませんので、是非、足を運んで聴いてやって下さい。

スタートの札幌ライブ
11/14 BOSSA(中央区南3条西4丁目シルバービル2F)
 18:00開場 18:30開演
 1Drink付前売3,500円 当日4,000円
 福居良pf・粟谷巧b

以下、ツアー
11/22 名古屋 覚王山 スターアイズ
 小濱安浩ts・奥村和彦pf・倉田大輔ds・徳田智史b

11/23 名古屋 プライベートレコーディング
11/24 大阪 谷5 グラバー邸
 河原志信pf・JINGOROb

11/25 大阪 北新地 ジャック.ローズ
 竹田一彦gt・上山崎初美b

11/26 大阪 谷9 SUB
 西山満b・竹田一彦gt

11/27 大阪 北新地 インディゴ・ブルー
西本貴至pf

11/29 東京 新宿 Someday
 福居良pf・粟谷巧b・竹村一哲ds

11/30 名古屋 東桜 jazz inn Lovely
 福居良pf・森剣治sax・粟谷巧b・竹村一哲ds

12/2 大阪 ART CLUB
 福居良pf・粟谷巧b・竹村一哲ds

12/3 東京 水道橋 東京倶楽部
 福居良pf・金子健b・高橋徹ds

12/4 仙台 KABO
 福居良pf

12/5 函館 大門(銀座通)マダムケイ