2011.4.3
 新年度


エイプリルフールなる行事(?)って、いつから(というか何故)この世に存在しているのでしょう?
私もそのあたりは良く分かっていないのですが、今年はGoogleのトップページの「嘘」が方々で話題になっていました。

もともと、4月1日付のGoogleトップページに全国の小中学生が描いたGoogleロゴの中から優勝作品が掲載される、というコンテストだったようですが、
優勝作品だけを掲載するお約束でしたが、今日は一年で一度、嘘をついても許される日ということで、最優秀作品だけではなく30作品を掲載することにしました
とのこと。

震災の影響で、メディアやインターネット関係業界を中心としたエイプリルフール関連の「諸仕掛け」も、今年は色々と自粛気味のよう。
そんな中でGoogleの着想はさすがに面白いなあと思っていたのですが、何より面白いのはそうした大人の着想を超越した小学生の独創性有り過ぎるイラストの数々。

私は左の絵がお気に入りです。 岩人間と猫と、何だっけな、怪獣だったかな、とにかくそういう謎のコラボレーションです。


先週の新聞に、両親と妹がいまだに見つからない小さな女の子が書いた 「ままへ いきているといいな おげんきですか」という手紙の写真が載っていて、自分は(情けないことに)写真も直視できず、記事の続きも全く読むことができませんでした。

あの女の子も、同じような境遇の子供達も、いつか楽しい絵が描けるようになるでしょうか。




2011.4.10
 花の64年トリオ


表題の「花の64年トリオ」とは、1964年に誕生した我が家の3つのアイテムです。
先日ご紹介した電気ギター「フェンダー・ジャガー」、当アワーの開始直後に入手したアコースティックギター「マーチン・D28」、そして私。
骨董品等の貴重なものは何一つない我が家において、もっとも歴史のある3objectなのです。

ちなみに小5の時に拾ったクラシックギターは誕生年が不明で、逆に証拠もないことから64年製と言い張って「64年カルテット」とする手もないわけではないのですが、そこまで古くて高価な品ならそもそも捨てられていないでしょうから、無理なカルテット結成については見送りました。


古くなるに従って価値が上がるという点で、前2者(ギター)と後者(私)は決定的に異なるのですが、そこにジェラシーを感じてはいけません。
というより、ジェラシーがどうのとか言う気も失せるくらいこの2本のギターは素晴らしく、本来「花の」と付けるなら「64年コンビ」というほうが正確なのですが、そうなるとまるで私だけが無駄に古いかのような感が出始めるため、ここは押しかけてでも「トリオ」を結成することが大事なのです。

震災による世の中の自粛傾向の善し悪しは別として、事実、春といってもレジャーといった気分にならないため、最近は遅くに帰宅しても、休日昼に家にいても、楽器を弾いている時間が多い気がします。

特に、先の地震では倒れた本棚とそこに並んでいた書籍やPC、録音機材、鍵盤などの下敷きになっていた2本の同期生。
木製の工作物のくせに、よくも隙間に入って生き残ってくれたものです。
改めて楽器を弾けること自体の幸運を思わずにはいられません。

というわけで皆さん、「花の〜」と言ったら中3トリオではありませんよ(今どき「花の○○トリオ」などと誰も口にしていないかと思いますが)。


明日は震災から一ヶ月。
14時46分は、日本中が静かな時間になることでしょう。




2011.4.15
 岩内町again


景気の悪い話で恐縮ですが、自分の父方の祖父母は20年前に、母方の祖父母は自分が生まれるとうの前に、母も10年前に亡くしており、今は父が一人、元気で暮らしています。
一方、妻方は喜ばしいことに父母は勿論、両方の祖父母も80〜90になろうというくらいまで元気で、正直羨ましく感じる程でしたが、4人の祖父母はさすがに高齢を迎えてこの数年、一人一人お迎えが来るようになりました。

そして昨日未明、最後の祖母が亡くなりました。
90歳まで元気で過ごし、祖父の命日の日に突然体調を崩して倒れそのまま亡くなったので、きっと幸せな最期だっただろうと、世の中がこんな状況であるだけに尚のこと 考えたりしています。


祖母の家は北海道の岩内町。
私にとって岩内町と言えば、この祖父母が住んだ町というほかに、元気な若手が目白押しという職場の出先があること、そして後輩のギタリスト・染田屋光高君が数年前に書いた"岩内町ソング"です。↓

明日は、朝一番の便で岩内に向かいます。
悲しいお葬式には音楽です。
久しぶりにこの岩内ソングを聴きながら、飛行機に乗り、JRとバスに揺られて、タラ丸君のいる岩内町まで行って来ます。


--------archive--------
2007.4.8

岩内郡岩内町&いわないソング


3月末にコンカリーニョ劇場でライブを打ち、就職で札幌を去っていった後輩のギタリスト、染田屋光高君。
ライブ・ハシモトコウアワーでも私の相棒を務めてくれたりしているので、御存知の方もいらっしゃるかと思います。

その染田屋君、昨年頃から、自身のブルーグラス・バンドを引き連れて小樽方面の"道の駅"で演奏するようになったのですが、ある日、岩内町にある道の駅での演奏用に、岩内町の歴史を絡めた歌を作って弾いたところ、これがその場に居合わせた岩内町役場の方々の心を大いに打ちました。
そして3月、岩内町から染田屋君に、「是非この曲をレコーディングして欲しい」とのオファーがあったのです。


この話はその過程の中で、染田屋君本人のほか、道の駅&国交省、岩内町、コカコーラボトリングといった方々が登場するのですが、たまたま自分はこれらの皆様達と何らかの繋がりがあったため、巡り巡ってこの曲のレコーディング担当のお鉢が私に回ってきました。
行きがかり上とはまさにこのことです。

勿論作業するのは吝かでないとして、最低限、染田屋君のメインボーカルの録音だけは手元にないと話にならないわけですが、当の本人は卒業&引越間際で全く余裕なしという状態。
しかし引越作業を終えて札幌を離れる日の未明、何とか歌声をポータブル機器に録音したようで、その朝にMDが自宅のポストに届いていました。

よく頑張った染田屋!あとは俺に任せろ!!
−例によって熱くなった私は、すぐさま楽器及び録音用の諸機材を抱え、自分の劇場に出かけました。
手元にある染田屋君の歌に、ベースを重ね、前奏や間奏のギターを重ね、高い音と低い音のコーラスを重ね−
最期に楽器や歌のバランスを取り、マスターCDを製作して作業が終了しました。


ジャケットは岩内町役場の方から町のマスコットである「たら丸君」の写真を大量に送って頂いておりまして、気に入ったのをプリントして完成です。

今年の夏は岩内町の道の駅で、パワープレイで流されるとのこと。
お立ち寄りの際は、是非聴いてやって下さい。





2011.4.23
 深夜放送とキャンディーズ


自分が深夜放送を聴き始めたのは中学1年生の時。
北海道の千歳市から恵庭市に引っ越した時期で、「おやすみー」と言って電気を消した後、布団の中で寝た振りをしながらイヤホンで聴くのです。
自分の部屋など勿論なく、弟は横で寝ていますし、電気をつけると寝ていないのがバレて親に叱られるし。

当時仲の良かった同じクラスの外戸(ほかと)君は自分の部屋があり、お菓子とかジュースをお供にして聴いていると聞き、中1にして出生の不公平を感じたものです。
どうにも羨ましくて、一度布団の中にこっそり買い込んだプリッツを持ち込んだことがあったのですが、ふすま一枚隔てた横には親が寝ているため(という本当に狭くて古い住宅だったのです)、なぜこんな音の鳴る硬質な菓子を選んでしまったのかと呪ったこともありました。


文化放送のセイヤング、TBSのパックインミュージック、そしてニッポン放送のオールナイトニッポンが、当時の深夜放送の3枚看板だったかと思いますが、遠く北海道ではSTVラジオにてオールナイトニッポンが聴けるだけ。
従って、北海道の中学生の目標はただ一つ。午前1時のオールナイトニッポンが始まるまで、寝ないで起きていることです。

しかし部活動や勉強で異様に疲れて眠い中、暗い部屋で布団に入った状態で午前1時まで起きているなんて、至難の業どころかもはや我慢大会です。
当時STVラジオでは0時から「アタックヤング」という番組をやっていて、その1時間を乗り切るか否かが最後の勝負。
アタックヤングが終了し、あと5分というところで気が緩んで撃沈してしまったことも一度や二度ではありません。
そうした点で、まさしくアタックヤング。暗示的なタイトルの、侮れない番組だったのです。

*

御存知の通りオールナイトニッポンは、午前5時に終了します。
苦難の末、午前1時まで意識を保ったとしても、その後早々に力尽きることも多々ある訳ですが、稀に好調で午後4時代に突入することがありまして、その時間帯に流れる音楽は、日常と違う時間の過ごし方をしていることに対する興奮と相俟って、聞き慣れた曲でさえ別世界の音楽のように聞こえたもんです。
中1ですから勿論好きな女子もいますし、その時間に自分が考えていたこととか、カーテンの外が何となく明るくなってきた情景とか、そうしたものと一緒にそれらの曲達は強い記憶として残っています。

キャンディーズさんの「微笑みがえし」は、そうした中の1曲です。
キャンディーズさんが解散したのは、ちょうどその中1から中2になる頃。
自分はキャンディーズのレコードもカセットも持っていませんでしたが、過去の曲名を歌詞の中に織り込みつつ、「可笑しくって涙が出そう」と寂しい出来事を明るく歌うこの曲を午前の4時に聴きながら、「すげー曲だなあ・・・」と放心して聴いていたもんです。


ライブ・ハシモトコウ新春アワーでは毎回、その前年に亡くなった著名な方々の曲を演奏させていただいておりました。
東京本社勤務が続きそうなので当分機会はなさそうですが、亡くなった田中好子さんとあの頃の思い出も併せて偲び、次回はキャンディーズの名曲を片っ端からやるってのが良さそうですね。




2011.4.25
 お風呂、煙突掃除、ChimChimCher-ee

♪妹よ ふすま1枚 隔てて今〜
この「四畳半」なテイスト満点の歌詞は、御存知かぐや姫の「妹」。
しかし一昨日書いた通り、私の中学時代もふすま1枚隔てた横には親が寝ていたので、他人事とは思えない住環境です。

ちなみに当時、周囲の友達の家もそうだったかと言うと、比較して古くてオンボロだった感はやはり否めず、思春期の青少年としては、家に友達を呼んだりする時などに何となく格好悪さを感じておりました。

特に、古い、狭い、自分の部屋がないといった要素もさることながら、当時もっとも残念な感じだったのは、家にお風呂がないこと。
が、もっとショックだったのは、ようやく中学2年生の時に付いた風呂が 「薪&石炭式」だったことです。
周囲にもお風呂がない家は勿論ありましたが、1980年代に突入したいま、新たに設置するのに石炭式ってのは結構ガックリきたものです。

このいちいち「周回遅れ」な感じは曰く言い難く、お風呂の日に薪をくべている姿は勿論、休日に煙突掃除をしている自分の姿はクラスの女子とかには見られたくないものがありました。
この生活は高校1年の終わりまで続きます。


話は変わって一昨年の1月、ライブ・ハシモトコウ新春アワー出演のためにエア・ドゥで札幌に向かった時のこと。
飛行機が着陸して降機するまでの時間に、機内でBGMが流れますよね?
一昨年のその日も同じように音楽が流れていたのですが、旅の途中という高揚感・ウキウキ感が妙に感じられない機内の空気に気づいて耳を澄ますと、
チムチムニィ チムチムニィ チムチムチェリィ 私は煙突掃除屋さん・・・
という曲がオルゴールの音で流れています。
この選曲は一体!

旅のお供として相応しくないことは勿論、悲しいメロディが余計な不安をかき立て、これが離陸時だったら「降りる!」と騒ぎ出す客がいても不思議ではないな、と思いながら飛行機を降りました。
と同時に、これは良いネタなので翌日の新春アワーで演奏しようと思っていたのですが、さすがにどうでも良すぎたからか、ステージ上で全く思い出すことなく終わりました。

そして今回、微笑みがえしの話の延長で中学時代の煙突掃除の話を書くに至って、ようやく再び思い出したのです!


以上、予測不能の話の展開に戸惑うばかりかと思いますが、さあ弾きましょう!
この曲は音の数が少なく弾きやすい上、低音が半音ずつ下がっていく感じが秀逸です。
しかも、仮にギター初心者の方でどんなに遅く弾いたとしても、むしろ情感のこもった演奏として聴く人の胸を打つことでしょう。


※ここではCapoを5フレットに装着してAmのキーで弾いていますが、固定的なものではありません。悲しみの度合いに合わせて御調節下さい。