2013.1.6 新春のご挨拶

皆様、あけましておめでとうございます!
遅い??いや、いいのです。その人なりのタイミングで言えば。
そして私にとっては今日がようやくそのタイミングなのですね。

そして今日は新春ライブのちょうど1週間前。
今回は2階席も設け、舞台は奥行き二間(=360cm)にまで切り込んで、330名の収容を可能にしましたが、それでも沢山のお申し込みをお断りせざるを得ませんでした。本当に申し訳ありません。
立見にはなりますが当日券を若干枚出させて頂く予定ですので、足腰の丈夫な方はお越しになってみて下さい。

混雑緩和のため開場時間も30分早めて17:30としましたので、是非お早目にお越しになって早々に泥酔して頂くようお願い致します。

ちんどん楽団から始まり、ジャズ→ソロギター→フォーク→ブルーグラス→ニューミュージック→ウェストコースト→ハードロック→ファンク→11PM→モスラ→戦後歌謡と渡り歩いて 「また逢う日まで」で終わる150分。終了後は新年会を兼ねた打ち上げです。
お越し下さる皆様!劇場でお待ちしております。

では皆様、今年もどうぞ宜しくお願い致します。




2013.1.14 新春アワーのお礼

新春アワー、昨日終了致しました。
ご来場頂いた皆様には、開演から終演まで温かく受け入れて下さり、心から、心の底から感謝しております。

運営面から自分自身の演奏に至るまで反省点は山のようにあり、毎度のことながらそれらは大小のトゲのように自分の中に残っていますが、それらを遥かに上回って、ステージ上の様々な(事故を含む)断面の楽しい記憶と、一体感を作って下さる客席の皆様の表情の記憶が自分の中に深く深く刻まれています。
本当にありがとうございます。

2日間の「非日常」は昨晩で終わり、今日からまた何事もなかったように再び日常ですが、それは”つまらなく平凡”な日常ではなく色々な出会いが繰り返される日常であり、あのライブはその日常の凝縮であることを改めて思いました。
「また逢う日まで」ではなく、また明日から1年、様々な場面で宜しくお願い致します。

皆様、ありがとうございました。

1月14日新春アワー翌日
橋本幸




2013.1.27 脳内

誠に理想とは実像からはほど遠いもので、本来私は過去を振り返らず気持ちの切り替えの早い爽やかな人間を目指しているはずなのですが、実際の自分は放っておくとつい過去のことをいつまでも思い出したりと、ジメジメした性分のような気がしてなりません。
久しぶりに脳内メーカーのサイトにアクセスし、「油断した時のコウ」と入力してみましたら、案の定、図のような(趣旨の)表示となりました。

そんな自分にとって、日常が慌ただしいことはある意味救いで、「楽しかったなー」などと遠い目になることもなく済んでいるのですが、逆にFacebookやメール等の通信作業も滞り、失礼を働いているのではないかと気にもなります。どうかご容赦下さい。
余りにも遅ればせながら、温かいコメントを寄せて下さった皆様、心からお礼を申し上げます。

この2週間、寒ーい道北や穏やかーな東京に出張で出かけ、また色々な方々にお世話になりました。
ありがとうございます。また飲みましょう。