Blues / Introduction
吾妻光良さん
近藤房之助さん
 
Blues / Introduction

"ブルース"いう音楽は、今でこそ自分の1番好きなジャンルですが、一体いつの頃から好きだったかというハッキリした記憶がありません。

自分が音楽を好きになり始めた中学生時代、当時はニューミュージック全盛で、必須アイテムはフォークギターです。
少なくとも男子は全員と言ってもいいくらいフォークギターを持っていて、ブランドはモーリス、CMはアリス、そしてコピーは谷村新司の「モーリス持てば スーパースターも夢じゃない」です。

音楽シーンでは、さだまさしさんが「関白宣言」で大ブレイク。それほど好きだったわけではありませんが、彼のギターはフォーク少年の心を掴むものがあり、私も弟と一緒に練習したもんです。
松山千春さんも好調で、私達は彼の「旅立ち」で「3フィンガー・ピッキング」を修得しました。
勿論アリスは「チャンピオン」、「君の瞳は1万ボルト」 等でこれまた絶好調!
ストロークでハードにキメるには持ってこいで、学校祭のステージにはアリスが何組も登場しました。

そうした音楽はテレビドラマにも影響しており、「夕日が丘の総理大臣」、「朝日が丘の大統領」 の中村雅俊さん、「金八先生」の海援隊など、その主題歌・挿入歌の数々もフォーク的な色合いを濃く醸し出していました。

一方、渡辺真知子さん、八神純子さん、尾崎亜美さんなどは「ニューミュージック」の女王で、彼女達を輩出したヤマハの「ポプコン」は、シンガーソングライターへの登竜門として絶大な権威をもって君臨していました。

多少の好き嫌いはありましょうが、後から振り返れってみればこの頃はそれなりにクリエイティブな時代だったことが分かります。
次の時代の扉を あろうことか「たのきんトリオ」が開いてしまい、日本の音楽シーンは一気にアイドル歌謡の世界に逆戻りしてしていくのでした。

*

さて歌謡曲は分かったが、ところで肝心のブルースの方は一体どうだったのかといいますと、この頃にブルースを聞き、弾いている人間など、 少なくとも恵庭市立恵明中学校の私のまわりには1人もいませんでした。
私など、ブルースどころかハード・ロックすら さして身近でなく、KIZZが口から火を噴きながら東京に上陸したニュースを見て初めて「ハード」な音に触れたというくらい。

音楽環境のせいにするつもりもないのですが、大阪・京都や博多のように雑多な音楽が身の周りに流れている土地の話を聞くと、やっぱりうらやましいなあ、 自分もこういうところにいたかったなあと思ったものです。

*

しかし、いつの間にか、私はブルースを弾くようになっていました。
といってもディープなブルースを聞く機会も大してないまま、何と無く「ブルースっぽい」ものを弾いて喜んでいるくらいでしたが。

そのうち、上田正樹&有山淳司さんの「ぼちぼちいこか」、吾妻光良さんの「PLAY THE BLUES GUITAR」、そして近藤房之助さんのギターなどのスバラシイものに触れ、 のめり込んでいく中で、すこしはマシな演奏ができるようになって現在に続いています。

ここはそうした、私の好きなブルースのことを書きたいと思って作ったページです。