Blues / Introduction
吾妻光良さん
近藤房之助さん
 
Blues / 近藤房之助さん

BreakDownLive

さて、偶然にも1.の吾妻光良さんのトコで御紹介した「PLAY THE BLUES GUITAR」の発刊と同じ1980年、これまた大変なライブが下北沢で行われています。 その様子を収めたのがこの「BREAK DOWN LIVE」。

モノの本による日本国ブルース黎明期における大事件といいますと、1972年冬にNHKで突如放送されたドキュメントフィルム「黒人の魂・ブルース」により初めて 「動く」ブルースを見てしまったこと、1974年の「第1回ブルース・フェスティバル」でロバート・Jr・ロックウッド&エイシズが上陸し初めて実際にブルースを 見てしまったこと等がよく挙げられますが、その点、遅れてきた私にとっては「PLAY THE BLUES GUITAR」と「BREAK DOWN LIVE」がこの世に出た「1980年」 というのが最重要年ということになりましょう。


さて、「ブレイク・ダウン」のメンバーは、
 服田洋一朗(g,vo)、近藤房之助(g,vo)、森田恭一(b)、小川俊英(ds)
という方々。

これまたモノの本によれば、関西を中心としたいわゆる"日本のブルース・ブーム"というのは1974年から77年頃までを指すようですが、実際、ウエスト・ロード・ブルース・バンド、 上田正樹&有山淳司、サウス・トゥ・サウス、憂歌団・・・といった方々が全てこの時期に、京都・大阪から出現しています。すごいですねー。

御多分に漏れずブレイク・ダウンも元々関西のバンドなのですが、ここに突如、名古屋からやってきた凄いヤツ!それが近藤房之助さんというわけです。
そして既に"ブルース・ブーム"も過ぎ去りし頃に録られた1980年のライブの模様がこのレコードであります。


ここで聴ける近藤房之助さんの歌とギターのスゴイこと・・。
はじめてこのレコードを聴いたときは、もうクルクルクル〜と回転して空中に吹っ飛んでしまいそうでした。いやホントにそうとしか表現のしようがないのです。

余りブルースに馴染みがない方でも房之助氏の歌は既に有名ですからその素晴らしさもお分かりになるかもしれません。
実際このアルバムを聴くと、1980年にしてスゴイレベルに到達していることが確認できます。こんな時期の日本国で、ブルースをこんなに歌える日本人がいるというのは 問題であります。

しかしさらに大問題なのは、房之助氏のギターでして、こんな時期の日本国で、ブルースをこんなに弾ける日本人がいるというのはホントーに問題です。
アタック、音色、リズム感、そしてフレーズの展開力・・・。
100回弾こうが1000回弾こうが、私など間違っても1回とて房之助さんのような音を出すことはできません。
モノが違うとしか言いようのない、すさまじい説得力を持った、そういう音なのです。


室蘭BayCityLive

さて、大学を卒業し、就職した私の最初の赴任地は、北海道の室蘭市。
かつて鉄鋼、造船等で栄えたまちも、"鉄冷え"で人口も減少。サビれたといえば文字通りサビれたまちでしたが、 人口が多かった頃の名残でなぜか異常に多い床屋、 景気が悪いにもほどがある繁華街「中央町」、しかし路地には小さいスナックやらバーやらが繁盛するでもなく ツブれるでもなく妙に数多く残っています。

私は室蘭が大いに気に入りました。そして、とあるきっかけからとあるバーで、毎週ギターを弾くようになりました。
マスターの臼井一雄さんは、長年自分のバンドで室蘭で活躍しつつ、毎年「ベイ・シティ・ライブ」というイベントを主催し続けてきた方。
このバンドは地元の熟年ロッカーの皆さんの集まりでしたが非常に個性的でユニークで、そのうち私もこのバンドでギターを弾くようになりました。 そして、どこぞの町内会のお祭りや、漁港のイベントで大漁旗たなびくトレーラーの上で演奏したりと、実に有意義な活動をしていたのです。

そんなことをしていた1995年。このイベントに、ななななんと、近藤房之助さんを呼ぶことにしたというのです!

そして、この時の房之助さんの演奏は、私の音楽感が変わってしまうような、そんな強烈なものでした。


房之助さんin登別温泉

房之助氏はやってきました。前日夜。登別温泉に。
ちなみにこの時宿泊した温泉宿の専務が、後年ハシモトコウ・アワーでボーカルをとることになるソウルマンTAMAこと玉川健一郎。 過去に多少なりとも房之助氏とつながりがあったようで、そんな縁もあり氏は登別温泉にやってきたのでした。

さて、私はと言いますと、既に房之助氏が室蘭に上陸しているかと思うと、落ち着きません。うーん、会いに行ってみようか。
かといって地元のわけの分からない人間が突然訪ねてきても、氏も迷惑でありましょう。
クヨクヨと考えた末、結局私は室蘭の地酒とギターを持って登別温泉に向かったのでした。

房之助氏は宿内のバーのカウンターで飲んでいました。
「やー、どうも」とか何かが最初の一言だったと思いますが、ザラザラしたその声の何とも言えない魅力&迫力。

それでも気さくにいろいろと話してくれるのです。3〜4時間はあったでしょうか。私もベロベロになるまで飲みました。
うーん、近藤房之助さん。噂通り明るく、想像以上にものすごく良い人でした。素晴らしい!

しかし、この人の本当の素晴らしさは、翌日、イヤと言うほど知ることになるのです。


房之助inBayCityLive

房之助さんのステージは、ピアノの大山やすしさんと2人だけという質素なセットでしたが、歌やギターがむき出しになってむしろ良かったと言えます。

それにしても、演奏はすごかった・・・。
BBキング、バディ・ガイ、そして房之助さん自身が大好きなオーティス・ラッシュなど、私も"本物"のブルース・マンを少なからず見ているつもりですが、間違いなくダントツで一番です。
一音、一音の説得力。
前座で私がギターを弾いたため、そのまま房之助さんは私のギター・アンプを使用したのですが、あんな凄い音が出るアンプだとは知りませんでした。


このステージで房之助さんが弾いたギターのフレーズの数々は、その後の自分の演奏に多数取り込まれています。
「Liveハシモトコウ・アワー」を御覧いただいたことのある方ならお聞きになったことがあるかと思いますが、私達の十八番にかまやつひろしさんの「とぼけたフリしてババンバン〜」という歌をアレンジした 「Ban Ban Ban Shuffle」という誠にフザけた曲があるのですが、 そこではこの日房之助さんが弾いたシャッフルのフレーズを全てそのまま弾いています。
ブルースなるもの本来即興で演奏されるべきもので、私も頭では分かっているのですが、そういう原理原則を越えてでも、1音1音をただただ忠実にコピーしたフレーズを弾きたいという思いが上回ってしまい、今でも私は同じフレーズを弾き続けています。


session

このように完全に房之助さんの歌とギターの世界に打ちのめされていた私でしたが、ステージの最後、セッションということで突然房之助さんが私をステージに呼んでくれましてね。

私はというと、当時所属していた室蘭のサッカー・チームのユニフォームをステージ衣装にしており、前座の出番が終わった後そのまま客席に座って見ていたため、せっかく共演させて頂くには場違いにもほどがある姿。
かと言ってステージが最高潮に盛り上がっているところに裸で出て行ってはそれこそ騒然となりましょう。
とにかく房之助さんの気が変わる前にと、慌ててステージに駆け上がりました。

それはもう興奮しました。
その時の新聞記事は嬉しくてちゃんと取ってあります。
私、他人様から褒めていただいた時など妙に平静を装ったりなんかして全くキザな野郎なのですが、さすがに隠しきれない嬉しさがあり、ちょっと載せてしまいました。いやー、ホント、すみません。
もちろん記事が書いてくれているような腕前でもなければ"壮絶なバトル"というには実力差もあり過ぎ、さらに言うと最も"感極まった"のは他ならぬ私自身でしたが。


encore

さて、セッションも終わり、アンコールに応えて再びステージに出てきた房之助さん。しかし、房之助さんのギターの弦が切れています。
そこで急きょ、私のギターが使用されることになりました。
前述のとおり、アンプは元々私のアンプ。そして今、とうとうギターまでが。

・・・これはまさしく理科で習った「対照実験」ではないでしょうか!?
弾き手以外の条件を全て同じにして音の違いを聴察する、ゴージャスかつ残酷な実験がまさにこれから行われようとしているのです!

ピアノが、ある有名なブルースの印象的なイントロを奏でました。フレディ・キングの Same Old Blues!
そして2小節目、ギターのワン・フレーズが弾かれた瞬間、ステージ前にスタンディングで集まっていた群衆の中で、私一人が崩れ落ちていく様子がビデオでハッキリと見てとれます。
私のギターとアンプからこんな凄い音が出るとは知りませんでした・・・。


近藤房之助さんとOtis Rushさん

最後になりますが、近藤房之助さんはOtis Rushさんが大好き。房之助さんがラッシュさんのことを語る文章は、ラッシュさんに対する愛情が満ち溢れています。
以下はblack music revueのとある号からの抜粋です。

(前略)
そしてギター。
"ブルース・フィーリング"というものがあるなら、それを煮詰めて、一番美味しいところを抽出したようなギター。ぐっと引っ張って、ここぞという時にあのベンディングが 来るからたまらない。歌・ギター共に、リズム、一拍がすごく深くて、ボクなどは、あのタイミングを今だつかめない。その一拍の懐の深さがOtis Rushの音楽を凄くさせている。

1986年のOtisとブレイク・ダウンのツアーは忘れられない思い出だ。ボクはもう必死でOtisの音楽に置いていかれないよう背伸びをした。
(後略)

分不相応の失礼を承知で書かせていただくなら、ここでラッシュさんのことを語る房之助さんの姿は、そのまま房之助さんを見る私の姿と重なります。
「今だにつかめない」リズムや一拍の深さとタイミング、一緒にギターを弾きながら「置いて行かれないよう必死で背伸びをした」こと・・・。

そして、房之助さんの書くこうした文章に一層人間味を感じ、「近藤房之助も今だに何かを追求し、モノにしようとしていること」もまた励みとなって、 私は今も近藤房之助さんのギターを聴き、弾いています。