Ragtime / Introduction
ぼちぼちいこか
 
Ragtime / ぼちぼちいこか

学生時代、ある雑誌のインタビューを受けました。
内容は、自分の最も好きなレコードを1枚挙げ、その魅力を語るというコラム記事のインタビューです。

モノが何であれ一つ選ぶというのはなかなか悩ましい上、それを明かすことで自分の人間性も一緒に露呈してしまうような気がしてきて妙に慎重になってしまうものですが、 この時ばかりは迷うことなくこの「ぼちぼちいこか」を挙げました。

当時のその記事は今も切り取ってこのレコードのジャケットの中に入っています。
読み返してみますと、このレコードを聞いたのは、可愛い後輩の女の子が貸してくれたのがきっかけだったと書いてあります。イイですねー。
まあそれはさておき、初めてこのレコードを聴いた時の 「これはもしかしてスゴい1枚なのではないだろうか・・・?」という感覚は今もハッキリ覚えています。
私のこのレコードの「好きさ加減」は殆ど病的と言っても良く、ここで聴ける有山淳司さんのギターはもう、取り憑かれたように練習しました。
このレコードこそは、ラグタイムという音楽を、「モノの本で読む、いちジャンルとしての音楽」から「自分のギターから鳴り出す音楽」に変えてくれた、強烈な原体験であります。

*
梅田からナンバまで

 散歩しましょう 御堂筋でも 梅田からナンバまで−

これはB面1曲目の「梅田からナンバまで」の1節で、大阪の街を歩いたことがなかった私は、大阪へ行ったらこうして梅田からナンバまで歩かねば、と常々夢見ていたものです。
ですから初めて実際に大阪をおとずれた時は、ほとんど「金比羅様めぐり」でもしているようなもので、時間の大部分をこのレコードに出てくる地名巡りに費やしました。

道中、常に缶ビールと6〜8個入りタコ焼きを携帯して歩きます。
さすが大阪で、タコ焼きは切れてもちょっとあたりを見渡すとすぐ代わりが買えます。お好み焼き屋もたくさんあります。
そのうち酔っぱらってくるし、もう楽しかったことと言ったらこの上なく、昼過ぎには完全にできあがっていました。

ところで大阪の街での発見は、ベルを乱打しながら自転車で走行している人が非常に多いこと。
北海道や東北だとジリンジリンとベルを鳴らすのも何となく不躾な気がするからか、妙に後方からブレーキをかけ、そのブレーキの摩擦音等によって遠回りに注意を促す、といった行動様式が多いように思いますが、大阪では皆さんがもうジャンジャン鳴らして高速走行を行っています。
自転車のベルが、車のクラクション同様の機能を持つことをはじめて知りました。

そうこうしているうちに夜になり、ちょっと裏通りの方にも入って大阪の街をさらに探検していましたら、突如素晴らしい看板が目に入ってきましたので記録しました。

マッサージの看板と思われますが、この妙に肉感的だが決して若くはないと思われる女性と禿げたオッサンの組み合わせがいかがわしさを強力に増幅させており、しばし動けず見入ってしまいました。

<つづく>

↑top