Blues / Introduction
 シカゴ・バウンド
 水割グラスで弾く Paris Texas
 
水割グラスで弾く「パリ・テキサス」



久しぶりに3ch=ギター・ワークショップのコーナーです。

「あ〜あ、ギターのコーナーか・・・、弾けねえからつまらねえんだよな」とグレてシャブを打とうとしている貴方!
ハシモトコウ・アワーでは基礎的テクニックを必要としないギター・ワークショップを目指していますので、ひとまず注射器を置いて下さい。

今回の課題曲は「水割りグラスで弾く"Paris, Texas"」です。

↑top


映画「Paris,Texas」

Paris,Texas!
映画をあまり見ない私ですが、ライ・クーダーさんが音楽を手がけているとなると、そうも言っていられません。

まずはこの作品に関する簡単な資料でもないかとネットで検索してみましたら、「アマゾン・ドット・コム」がヒットしました。
さすがアマゾン・ドット・コム。早速見てみましょう。
ナスターシャ・キンスキー主演、ヴィム・ヴェンダース監督のロード・ムービーのサントラ盤。
荒涼とした荒野を前に孤独な スチール・ギターが鳴り響く...。
映像と音楽とが見事にマッチした映画でしたが、もちろん音楽だけを聴いてもグー。
あなたもひげもじゃのトラヴィス(ハリー・ディーン・スタントン)が野球帽をかぶって歩く姿が目に浮かぶはず。
さすがアマゾン・ドット・コム。この解説によって、作品の魅力の殆どが損なわれたと言っても過言ではありません。
まず「もちろん音楽だけを聴いてもグー。」というコメントに驚きますね。「グー」という言葉は「ご機嫌だぜ」と並んで少なくとも 10年は耳にしていないような気がします。

さらに読み進めますと、「荒涼とした荒野を前に孤独なスチール・ギターが鳴り響く・・・。」という解説が。
今回私たちが演奏しようとしているライ・クーダーさんのギターのことですが、これは「スチール・ギター」ではなく 「スライド・ギター」の誤りですからくれぐれも注意して下さい。
スチール・ギターというのはカントリー・ウェスタン等で活躍する、陽気な南国サウンドを武器にした楽器で、 「南の島のハメハメハ大王」などが代表曲。ある意味"孤独"とは最も縁遠いサウンドと言えましょう。
全くアマゾン・ドット・コム、どこまでも油断できません。

↑top


Paris,Texas-A 





Paris,Texas-B 



 演奏の前に
    使うコードはD、G、Aの3コード。ベース音の1音だけを伴奏にしているため、出来るだけ音の伸びる開放弦を活用したいところです。 Dのベース音は【4弦開放】、Aのベース音は【5弦開放】で良いのですが、Gのベース音は【6弦3f】。
そこでGのコード用に6弦を1音半上げて"G"の音にするという手口を使っていますのであらかじめその作業をお願い致します。

なお譜の見方ですが、スライド・ギターの場合は指板に打ち込まれた金属製のフレットの真上にボトルネック(この場合はロック・グラス)をあてます。例えば「2」と書いてある場合は、右の図のように糸巻き側から2本目のフレットの真上にグラスをあてます。
この時、弦を押しつけてフレットに触れてしまってはいけません。力加減は結構難しいかもしれませんね。


なお念のため断っておきますが、私もこの絵で満足しているわけではありません。
どうにもマウスでフリーハンドで描くのは難しいのです。 ひと昔前のヘタウマを狙っているかのようですが違います。

 奏法解説
    原曲のキーはDです。
スライド・ギターですから本来「ボトルネック」が必要なのですが、それほど細かな動きもないので目の前のグラス等を活用するのも良いでしょう。 いえ、「するのも良い」ではなく「するべき」です。さりげなくロック・グラスを手に取りスライド・ギターを奏で始めた貴方に 彼女も思わずウットリですね。
上で「水割りグラス」と記していたのを、さりげなく「ロック・グラス」と修正してあるのも、 演奏中にグラスのウイスキーが飛散してせっかくのムードに水を差すことになりにくいよう、という私の細心の配慮があったのです。

しかし何と言っても"Paris,Texas"をロック・グラスで弾いて楽しいのは、グラスに氷が当たる「カランカラン・・・」という音で、 原曲で聴こえる「カランカラン・・・」という何とも言えない趣の効果音をイメージさせるからです。
所詮コップですから前述の通り細かな動きには向きませんが、飲んでいる時に興として演奏するなら十分です。
やはりハシモトコウ・アワーは芸術を追究するよりも、男女間を盛り上げるのが主目的のサイトであることが 改めて分かりますね。

ということで、さっそく弾いてみましょう。


いかがでしょう?
録音の方は、低音質にもかかわらず良く聞くと近くの道路工事現場の音まで再現してしまっており、腹立たしい限りです。


↑top