ConCarino / Open!コンカリーニョ

2006年5月7日、新しい劇場 コンカリーニョ・シアターがいよいよオープンすることとなりました。

道内にお住いの方は御存知のことと思いますが、最近琴似駅界隈はいろいろな施設やらお店が進出しておりまして、さしずめ"琴似バブル"といった雰囲気の盛り上がり。
一連のメディア露出を通じてコンカリーニョもたびたび取り上げられるので、その点は大変幸運な状況であります。

場所は左の地図のとおりですよ、皆さん。
JR琴似駅と空中歩廊でつながっており、そのまま新施設「タワープレイス」へ。その1階です。

「劇場建設」という無謀な活動は、案の定 難航を極め、資金集めは勿論のこと劇場本体の設計、資機材調達、さらに壁塗りから床張りといった作業まで、(何しろお金がないので)全て直営です。

不眠不休の突貫作業はオープン直前の5月6日までやってますので、オープン前でも手伝いたいという奇特な方は是非ご連絡下さい。

*

こけら落としは2006年5月7日(日)、15時開演です。
オープニング企画は「劇中歌でつづるコンカリーニョ今昔−ほうぼう舎から大通公園テント芝居、バレン座、とんでんがへし琴似浪漫まで−」。

かつてJR琴似駅横に建っていた石造りの倉庫を自分達の活動拠点としたのが1988年。初回の公演はペチカという芝居でした。
それから2006年の「とんでんがへし」まで、計17本の芝居を、当時の劇中歌を用いながらレビューすることで、倉庫を供養し、新しい劇場空間の誕生を祝おうという企画です。

幸い、全ての芝居のために作った全ての音楽が古いカセットテープに残っており、それを引っ張り出して使います。
これらの音楽が(出来・不出来は別として)自分にとって愛着深いものであることは言うまでもありません。
また、まさかもう一度人前に出るとは思っていなかった音楽でもあります。

例えば1988年なんていったら殆ど20年前。録音機材も貧弱なら、よく聞くと使っているギターも小5の時に拾ったクラシックギターの音だったりします。
他にギターがなかった訳ではないのですが、きっと当時は何かすごくこのギターを使うことにこだわったんでしょうね。


出演や協力は、これらの芝居で関わりのあった役者・スタッフなど、総勢100人規模。
客より多かったらどうしよう・・・という不安をかなぐり捨て、5月3日から3日間の稽古で仕上げます。

ハコ自体が建設途中、芝居に至っては制作前というシビれまくる状態の中、チケットは好評発売中!
終了後はそのまま現地でトコトン飲みますので、そちらも部内者・部外の方を問わず、是非御参加下さい。