2013.6.6 桑の実の色づく頃には

芝居の公演直前の緊張感は、大学時代の非合法テント時代から今回のような住民劇まで、質に違いはあってもやっぱり変わりません。

8年目を迎えたコンカリーニョの温故知新音楽劇「桑の実の色づく頃には」。3ステージ完売となりました。
仕事柄、稽古に携われるのは深夜だけですが、小学生から60〜70代まで、テンパりにテンパりながら最後の最後までもがくのです。

何かを表現したいという気持ちに嘘偽りはありません。だからと言ってそれが免罪符になるわけでもないヒリヒリした感じを大事に、明日の最終通し稽古へと至ります。
温かく、厳しく、見守ってやって下さい。




2013.6.16 ビキニスタイルのお嬢さん

納涼アワーまで1ヶ月。
あれこれ曲を考えておりましたらボーカルの玉川健一郎からメールがあり、読むと「"ビキニスタイルのお嬢さん"でビキニスタイルの集団が出て来るというのはどうか」という、前衛的過ぎる奇案の提起が。
さすが玉川さん。
驚いて周囲に紹介したところ、それならそれで水着で出演するという女性が多くて二度驚きました。

息を飲むジャケットは、ダニー飯田とパラダイスキングさんの1960年のカバー。
時代を考えれば清純な女性のイメージでしょうが、その筋の方と言われれば視線・手振り共に相当のベテランとも思えるこの女性。
今年水着の購入を考えている方は、男女ともにこのデザインで行きましょう。

YouTube ビキニスタイルのお嬢さん