北海道札幌市西区に琴似(ことに)という場所があります。
JRと地下鉄の両琴似駅があり、商店街、飲処、喰処、風俗等が適度に集積。
札幌市内繁華街勢力図的に言うと、中央にすすきのが鎮座し、北区に北24条界隈、西区に琴似界隈といった感じです。
そのJR琴似駅横のレンガ造りの喫茶店の背後に古い石造りの倉庫が、まさしく穴場的に建っていました。

劇団「札幌ロマンチカシアター(→6ch)の拠点を探してこの倉庫に出会ったのが1998年。
以来、芝居やLiveハシモトコウ・アワーなどの拠点であり続けてくれたこの倉庫が、2002年、周辺地区の再開発計画によって取り壊されることとなったのでした。
1988年からの約15年の間に、いち劇団の拠点から 「コンカリーニョ」という名の小劇場・フリースペースへと空間の性格も変遷しており、 今回の取り壊しに対しても、多くの方の様々な思いがこの倉庫に向けられました。
存続を目指す声、残る一部の建物で活動を続けようという声、新たにこの場所に建てられる建物の中にスペースを確保しようという声、 琴似界隈の他の場所に活動を移そうという声・・・。

こうした中倉庫は2002年8月17日をもって使用不能となり、同時期に、再生を目指して「NPO法人コンカリーニョ」が発足しました。
倉庫解体の話が浮上してから数年。
紆余曲折・試行錯誤・悪戦苦闘の末、2006年5月7日に新しい劇場は完成しました。
ここは、この新しい劇場=コンカリーニョ・シアターのページです。


↑top